Network Solutionsでドメインを認証します

Network Solutions – 認証用CNAMEレコードの追加

ドメインのDNSマネージャーがNetwork Solutionsでホストされている場合は、以下の手順に従ってCNAMEを追加し、ドメインを認証してください。

  1. Network Solutionsアカウントにサインインし、[アカウントの管理]を選択してください。 
  2. [マイドメイン名]>>[DNSを編集]の順にクリックしてください。
  3. Zoho Mailで検証するドメインの横にある[DNSレコードの詳細編集]をクリックしてください。
  4. 下にスクロールして、[CNAMEレコード(ホストエイリアス)]セクションを見つけてください。
  5. [CNAMEレコードの編集]を選択してください。
  6. Zohoで生成されたコード、zb******を入力してください。 
  7. [その他ホスト]ラジオボタンオプションを選択してください。
  8. [その他ホスト]項目にzmverify.zoho.comと入力してください。
  9. [続行]を選択し、[変更を保存]をクリックしてください。

これで、CNAMEが正常に追加されました。DNSサーバーで変更が有効になるまで、少なくとも1時間待つ必要があります。1~2時間後にZoho Mailコントロールパネルにサインインし、[認証]をクリックしますドメインが認証されたら、ユーザーの追加やメールアカウントの作成を開始できます。

MXレコードを更新してメールを受信する - Network Solutions

DNSがNetwork Solutionsでホストされている場合は、次の手順に従ってドメインのMXレコードを変更し、メールを受信してください。

  1. Network Solutionsアカウントにサインインし、[アカウントの管理]を選択してください。 
  2. [マイドメイン名]>>[DNSを編集]の順にクリックしてください。
  3. Zoho Mailで検証するドメインの横にある[DNSレコードの詳細編集]をクリックしてください。
  4. 下にスクロールして、[メールサーバー(MXレコード)]セクションを探してください。
  5. [MXレコードの編集]をクリックしてください。
  6. [優先度]項目に10を入力してください。
  7. [メールサーバー]項目にmx.zoho.comと入力してください。
  8. 優先度が20、メールサーバーをmx2.zoho.comとした、別のMXレコードを追加してください。 
  9. 同様に、優先度が50、メールサーバーをmx3.zoho.comとして、3番目で最後のMXレコード追加してください。

    上記のMX値は、一般的な構成情報に基づいています。ドメイン固有の構成については、管理者コントロールパネルのこちらのセクションを参照してください。

    注:

    MXエントリーを追加するための正確な方法については、DNSプロバイダーのサポートマニュアルを参照することをお勧めします。

  10. [続行]、[変更を保存]の順でクリックしてください。 

メールが正しく配信されるように、前述した2つのレコードのみが結果に含まれていることを確認してください。  他のMXレコードがある場合、Zoho Mailでメールを受信できない場合があります。

Network SolutionsのホストドメインにMXレコードが正常に追加されました。MXレコードは、外部サービス製ツール(www.mxtoolbox.com)で、ドメイン名を指定することで確認できます。

この記事をシェアする : FacebookTwitter

必要な情報は見つかりましたか?

メールお問い合わせ窓口: support@zohomail.com