移行ガイドライン - Zoho Mail

Zoho Mailへの移行に関するガイドライン

プロセスの概要

1. Zoho Mailにドメインを追加してください。

2. Zoho Mailでドメインを認証してください。

3. Zoho Mailですべてのユーザーとグループを作成してください。

4. バッチごとに<nnn>人のユーザーで移行するバッチを作成してください。

5. 3~4人のサンプルユーザーで移行を実行して、テストしてください。

6. サービスの切り替えには週末が適しています(受信メールが少ないため)。

7. ユーザーにメールの切り替えを通知し、切り替えの実施前にユーザーにサインイン詳細を提供してください。

8. MXをZoho Mailに変更してください。(金曜日の夜/土曜日の早朝)。

9. メールルーティングを設定して、データの損失を防いでください。

10. サーバー情報としてOffice 365を選択するユーザーのすべてのバッチで、1つずつIMAP移行を実行してください。

11. キャッチオールアカウントを作成し(分割配信の場合は該当しない)、ユーザーの作成時にメールアドレス(グループ/ユーザー)が欠落していないかを確認してください。 

ベストプラクティス

1. 実際の移行プロセスの前に、約2~10人のサンプルユーザーで移行を実行してください。

2. これにより、移行元サーバーの動作(ユーザー制限、メールサイズ制限、移行速度など)を把握できます。

3. MXを変更する前に配信されたメールを取得するには、サンプルユーザーのメールボックスを再度移行する必要があります。重複はZoho側で処理してください。

4. また、サンプルユーザーのメールボックスの最終移行時に日付制限を設定して、サンプル移行後のすべてのメールが確実に移行されるようにすることもできます。

5. 最大接続数は、一度にサーバーが受け入れる接続数です。サーバーの負荷とユーザー数に応じて、接続の最大数を設定してください。

6. 一部のサーバーでは、特定の間隔が経過するとIMAPでデータ取得が制限されます。その後、リアルタイムのメールトラフィックの遅延を回避するため、移行用のメール取得は遅くなります。

7. ユーザーバッチの移行を設定する際に、各ユーザーの優先度を設定してください。優先度が「1」のユーザーは最優先で処理され、最初に移行されます。その他のユーザーは優先度の設定に従って移行されます。

一般に、25名のユーザーで、それぞれメールボックスのサイズが約2GB、最大接続制限が10に設定されているバッチの移行を完了するには約11時間かかります。

この記事をシェアする : FacebookTwitter

必要な情報は見つかりましたか?

メールお問い合わせ窓口: support@zohomail.com