Zoho Mailコントロールパネル - ヘルプ

Enom DNS - 検証用CNAMEレコードの追加

ドメインのDNSがEnomでホストされている場合は、以下の手順に従ってCNAMEを追加し、ドメインを認証してください。CNAMEレコードは、ネームサーバーとDNSサーバーがEnomでホストされている場合にのみ有効です。

  1. www.enom.comでアカウントにサインインしてください。
  2. [ドメイン]ドロップダウンから[マイドメイン]を選択してください。
  3. ドメインのドメイン概要ページが表示されます。
  4. 右側の[ドメインを管理]ドロップダウンから[ホストレコード]を選択してください。
  5. 新しい行をクリックして、CNAMEレコードを追加してください。 
  6. [ホスト名]で、Zohoのコントロールパネルで生成されるコード「zb********」を入力してください。
  7. ドロップダウンボックスから、[レコードタイプ]にCNAMEを選択してください。
  8. [アドレス]項目に「zmverify.zoho.com」と入力してください。
  9. [保存]をクリックして、CNAMEの変更を更新してください。

これで、CNAMEが正常に追加されました。DNSサーバーで変更が有効になるまで、少なくとも1時間待つ必要があります。1~2時間後にZoho Mailコントロールパネルにサインインし、[認証]をクリックしてください。ドメインが認証されたら、ユーザーの追加やメールアカウントの作成を開始できます。

MXレコードを更新してメールを受信する:Enom DNS

DNSマネージャーがEnomである場合は、次の手順に従ってドメインにMXエントリーを追加してください。

  1. www.enom.comでアカウントにサインインしてください。
  2. [ドメイン]ドロップダウンメニューから「マイドメイン」を選択してください。
  3. ドメインのドメイン概要ページが表示されます。 
  4. 右側の[ドメインを管理]ドロップダウンから[メール設定]を選択してください。  
  5. [サービスの選択]ドロップダウンから[ユーザー(MX)]オプションを選択し、ドメインにカスタムエントリーを指定してください。
  6. [ホスト名]項目に「@」を指定します(@の付いた初期設定レコードがある場合は、同じレコードで続行します)。
  7. [アドレス]項目に「mx.zoho.com」を指定してください。
  8. [優先度]項目に「10」を指定してください。
  9. 同じ手順で別のレコードを追加してください。

  10. 値は、[優先度]が20、[アドレス]がmx2.zoho.comです。 

    上の表のMX値は、一般的な構成情報に基づいています。ドメイン固有の構成については、管理者コントロールパネルのこちらのセクションを参照してください。

    注:

    MXレコード末尾のドット(.)は必須ではありません。これはDNSプロバイダによって異なります。MXエントリーを追加するための正確な方法については、DNSプロバイダーのサポートマニュアルを参照することをお勧めします。

  11. 新しく選択したレコードがオンになっていることを確認してください。
  12. [保存]をクリックして変更を確定してください。

これで、EnomドメインコントロールパネルでドメインのMXレコードが追加されました。MXレコードは、外部サービス製ツール(www.mxtoolbox.com)でドメイン名を入力することで確認できます。 

この記事をシェアする : FacebookTwitter

必要な情報は見つかりましたか?

メールお問い合わせ窓口: support@zohomail.com