Zoho MailとCRM商談の成功

Zoho MailとZoho CRMの連携により、ビジネスの見込み客を管理しながら、同時に見込み客に関連付けられたメールのやり取りやメモ、タスクを確認できます。操作も驚くほどかんたんです。

Zoho MailとCRM

連絡先それとも見込み客?あなたが決める

Zoho Mailでメールを受信したら、連絡先のメールアドレスをクリックして、CRM情報を表示できます。何も情報がない場合は、見込み客または連絡先としてCRMに追加でき、CRMアカウントと自動的に同期します。

予想以上に便利

CRMに連絡先を追加したら、できることが広がります。タスクを追加し、期限を設定し、優先度を付けられます。または連絡先に関するメモも追加できます。さらに、連絡先との商談に関する情報を、商談として追加できます。たとえば、商談ステージを「商談成立」として設定できます。これらすべてが即座にCRMアカウントに同期されるため、この情報をZoho MailでもCRMでも表示できます。

CRMが受信トレイ内に

重要なメッセージを作成する準備ができていて、CRMの連絡先を見つけるのに、無駄な時間を費やす必要はありません。メールアドレスを入力し始めると、自動提案リストが、明確に区別されたセクションに、CRMの連絡先の検索結果を表示します。

Zoho Mailの受信トレイ
Zoho CRMの受信トレイ