メールとCRM連携

営業やマーケティングを支援するCRMを導入し、ビジネスを成長させる企業が増えました。しかし、多くの企業はこの流れに乗れず、依然としてメールで見込み客やお客さまとやり取りしています。結局のところ、何年も使いつづけたメールに慣れた人々に、最新の管理ツールにすぐに切り替えてもらうのは現実的ではありません。

果たして、CRMとメールのどちらかを選択するしか方法はないのでしょうか?または、CRMとメールの切り替えを社員に義務付け、手動で切り替えさせながら、作業の手間を増やすのでしょうか?社内でのソフトの連携には膨大な時間とコストがかかります。

そこで、Zoho はCRMとメールを完全に同期させた状態で提供することにしました。余分な費用を掛けず、操作性も保ったまま、次世代のビジネス管理ツールに移行できます。

受信トレイのCRM

送信時にメールアドレスの入力を開始すると、自動提案リストに、しっかり分類されたCRM連絡先が表示されます。メール作成後、CRMの連絡先と見込み客のメールアドレスを検索する必要がなくなります。

連絡先

アドレス帳の「CRM」タブを選択し、関連するCRMの連絡先を検索することができます。CRMがメールサービスの中に隠れていると考えていいでしょう。

CRMBox:最重要なメールを一括管理

CRMに関するすべてのメールを受信トレイの1か所で管理できます。 CRMの管理者は、CRM関連のすべてのメールを排他的なフォルダに自動で入れる設定をしたり、ラベルの割り当てなどをとても簡単な操作で行えます。

コンテキストガジェット

CRMのコンテキストガジェットは非常に優秀です。同僚がCRM上で作成したメモなどを使い、見込み客、連絡先、お客さまに関する細かい情報を常に把握できます。また、予定のイベントやデモについて学習して見込み客の状況を徹底的に分析し、CRMの営業をはじめる準備ができます。これらはすべてメールサービス内の機能です。 Zoho メールとZoho CRMの完璧な連携で、業務効率は大きく改善されるでしょう。