分析に基づいてフォームを追跡

Google Analyticsを駆使することなく、フォームのパフォーマンスを確認できます。フォームに入力した人の数やアクセス元に加え、どのようにしてフォームに辿り着いたのかを、Zoho Formsで正確に把握できます。

今すぐ試す

より詳細な情報でフォームを改良

洞察に基づいて、フォームについてより適切に意思決定を行えます。エラースコア、ページビュー、コンバージョン率を参考に、適切に機能している点、していない点を把握できます。

Better Information
Error Score

エラースコア

データを獲得するために、スタッフにオーバーワークを強いる必要はありません。フォームをあまりに複雑で厳密にすると、回答者の操作によってエラーメッセージが過剰に発生します。エラースコアに基づいて誤りの数を正確に把握し、フォームのどこを簡素化し、どこを改良できるのかを特定することができます。

ページビューとコンバージョン率

あらゆる機会を活用。ページビューを参考に、フォームにアクセスした人の人数がわかります。コンバージョン率からは、実際にフォームに入力した人の割合を把握できます。また、フォームデータの履歴から、フォームの経時的な動向もわかります。

Page Views
Achieve Perfection

試行錯誤で完璧を目指す

レイアウトを調整したり質問を変えて、コンバージョン率がどう変動するかを確認しましょう。ダッシュボードを見ると、このような変更で回答数が増えるかどうかがはっきりとわかります。フォームに最も適した設定を決めることができます。