サービス間の連携を簡単に作成

コーディングの専門知識なしで、クラウドサービスを連携しましょう。ドラッグ&ドロップのビルダーで、条件実行の設定や、アクションの追加など、連携フロー全体の作成と管理が簡単に行えます。

Create integrations the easier way

ワークフロー合理化

Zoho Flowのロジックを導入して、詳細な連携フローを作成。例えば、どのアクションを実行するかの条件分岐を導入したり、アクション間の待ち時間を設定したり、独自のワークフロー変数を追加して各業務ステップを細かく調整することができます。

詳細なプロセスの設計

Zohoのスクリプト言語であるDelugeを活用しましょう。条件分岐を連携フローに追加したり、データを再フォーマットして、クラウドサービス間で円滑にデータ遷移できるようになります。

Design detailed processes

連携フローの履歴を把握

ワークフローの履歴をログで集中管理。フロー実行状況の把握、各アクションの進行状況の追跡、問題の発生時の迅速な特定ができます。

ダッシュボードで連携フローを分析

連携プロセスを分析するのに、異なるクラウドサービスを開く必要はありません。Zoho Flowのダッシュボードで、すべてのプロセスと指標を完全に把握できます。連携フローをいつ更新・変更するかを決定するのに役立ちます。

連携フローを共同で構築

同僚をアカウントに追加して、プロセスの自動化を共同作成。部門間で業務フローを連動させることができます。

ビジネスアプリと連携フローのギャラリー

連携フローのテンプレートをたくさん備えています。自社のニーズに最も適したものを選びましょう。また、より効率的なビジネス業務のために、ぜひアイデアを参考にしてしてみてください。