"ようこそ"+username+"さん"
メニュー
メニュー

連携の仕組み

まずはつなげる

アカウントにログインして、設定画面から連携を設定します。

データを同期する

設定が完了したら、連絡先と商品を同期しましょう。

アクセス

Zoho CRMアカウントにログインし、設定画面からタブを有効にします。

Zoho Finance Plus と CRM 連携よるメリット

データの二重入力を省略

Zoho Books に登録した取引データは、Zoho CRM に自動で連携します。データを再入力する必要はありません。

Zoho CRM の在庫情報と同期

Zoho CRMとZoho Inventoryとの連携により、取引先ごとに注文内容、進行中の出荷、未納品残などの詳細情報が連動します。

レポート分析でビジネスを最適化

Zoho Expense と Zoho CRM の連携により、商談に費やした経費データを分析して、どのような取引で利益が上がるかを知ることができます。

お客さまの購買動向を把握

Zoho Invoice と Zoho CRM の連携により、顧客の購入履歴、購入動向などを把握できます。

定期課金の概要を把握

お客さまのサブスクリプション情報を Zoho CRM からも確認できます。課金開始日や更新確認を苦労して管理する必要はもうありません。

営業と経理がつながれば、ビジネスはもっと加速できるはず

お問い合わせ(英語)
お問い合わせ(英語のみ)
*
*
*