トレーナー向けファイル管理

今日のトレーナーは、効果的なセッションを実施するために、さまざまな配信チャネルに精通している必要があります。Zoho Docsは、映像からリアルタイム評価まで、あらゆるトレーニングコンテンツに対応する簡素化された安全なストレージとなります。

今すぐ登録

すべてのコース資料を保存

チュートリアルビデオから、写真、チャート、グラフ、プレゼンテーション、請求書などすべての資料を1つのオンラインリポジトリで保持します。どこからでもアクセスできます。

 

一括アップロード

特定のオンライントレーニングセッションに関連するすべてのファイルをフォルダーにまとめて、それらを一括でアップロードできます。

 

他のストレージから移行

Google Driveアカウントから参加者リストをインポートしたり、Dropboxからコースの資料を同期したりすることができます。

 

エンゲージドラーニングを推進

映像を取り入れて臨場感のある学習体験を構築し、魅力的なセッションにしましょう。互換性の問題を心配する必要はありません。mp4から.docファイルまで160種類のファイル形式を保存・プレビューできます。

 

評価を効率化

Zoho Docs内で作成された新しいアカウントごとに、固有のEmail-In IDが生成されます。アカウントのIDを参加者と共有すれば、参加者が課題やテストをZoho Docsに直接アップロードできるようになります。主催者にもメリットがあり、各文書を個別にアップロードする必要がありません。

優れた結果をもたらすコラボレーション

今日の組織では、多角的な学習がトレンドです。Office Suiteが組み込まれているため、参加者に特定のプロジェクトや課題に共同で取り組むよう指示することができます。

 

チャットでアイデアを伝える

Zoho Chatと緊密な連携するため、参加者が互いに対話するだけでなく、トレーナーが指示を伝えることもでき、瞬時にコミュニケーションを取ることができます。

 

コースコンテンツを管理

参加者に読み取り専用権限を割り当てましょう。課題や評価を管理する人には、読み取り/書き込み権限を付与します。

 

特定のタスクを委任

学習グループ内での対話を促しましょう。チームリーダーを任命して特定の課題をレビューするように指示し、インストラクター自身は最終的なファイルの承認を行うことができます。

 

ピアラーニングを奨励

個々のチームが概念化やブレインストーミングを行い、解決策を見つけることができる作業場所を作ります。