最新情報

2016

Jan

図のインポート・エクスポート・レンダリングに対応

スプレッドシートがプレゼンテーションに組み込まれていることはよくありますが、プレゼンテーションにおいてはグラフとして表示される方が適切でしょう。 データをビジュアル化することで、フォーカスすべきポイントを明確にできます。

最新のアップデートにより、Zoho Showで作成したグラフの.ppt/.pptxでの再現率が大幅に改善されました。インポート/エクスポートされたファイルに設置されたグラフは、色・テクスチャ・境界線など限りなく元の形状を再現します。

グラフの種類
  • 棒グラフ - データを比較し、高低により傾向を判別できます。

    例 Webサイトの経路別トラフィック数・チーム別売り上げ・月次支出・顧客の年齢層などを

  • 縦棒グラフ - 垂直に棒グラフを表示します。

    例 地域別売り上げ分析の年度別比較など

  • 円グラフ - 収集データの相対的な割合(パーセンテージ)を表示します。

    例 部署別での経費使用率、顧客の男女比、Webサイトのアクセスデバイス比較など

  • ドーナツグラフ - 中央に穴の開いた円グラフのことで、内訳や構成比率の比較などに利用します。

    例 四半期ごとの販売製品など

  • 面積グラフ - 面積の大きさで、数量の大小関係を表すグラフです。

    例 地域別に販売製品の割合を比較するなど

  • 折れ線グラフ - 数量の大きさを表す位置を線で順次結んでできるグラフです

    例 月次でのWebページへのアクセス数と会社の売り上げの比較など

  • 散布図 - 2種類の項目を縦軸と横軸にとり、プロット(打点)により作成される図のことです。

    例 世代別の体重・身長の傾向比較など

  • バブルチャート - ある事象を表す円(バブル)を2つの軸を持つ図上に配置した図であり、バブルの大きさと2つの軸、合計3つの情報をもってチャート上に載せた事象を評価します。

    例 セミナー別出席数数など

メモ:アップデートは自動的に行われ、インストール等は不要です。