データセキュリティの保証

携帯電話、デスクトップ、任意のオンラインブラウザーからファイルを作成・編集・共有でき、セキュリティを心配する必要はありません。Zoho Docsは、SOC 2 Type IIやISO 27001といった業界固有のコンプライアンス標準を満たしています。また、当社はEU-米国間のプライバシーシールドフレームワークにも準拠します。深層防御の手法を採用して、物理レベル、論理レベル、そしてデータレベルでのセキュリティを実現しています。

物理的・論理的なセキュリティ

 

24時間年中無休のセキュリティ

Zohoのデータセンターは常に強力に防御されており、サーバーは防弾が施された施設内の非公開の場所でホストされています。

 

認証によるアクセス

許可されたユーザーがZohoデータセンターにアクセスするには、2つの主要なセキュリティ対策(生体認証と2要素認証)を通過する必要があります。

 

安全なOS

Zohoアプリケーションは、セキュリティを重視して機能を削ぎ落とした安全なオペレーティングシステム上で機能するため、脆弱性が低減されます。

 

サーバーの障害回復

Zohoサービスは、分散グリッドアーキテクチャー上で稼働しています。つまり、サーバーに障害が発生しても、システムとサービスで感じる影響は最小限です。

データセキュリティ

 

伝送時の暗号化

強力な認証、メッセージのプライバシー、Zoho Docsとの整合性に加え、TLS(Transport Layer Security)プロトコルによってさらに強化されているため安心です。そのうえ、PFS(Perfect Forward Secrecy)により、あらゆるクライアントデバイスからZohoのクラウドサービスに伝送中のデータが一意のキーによって保護されます。また、RSAベースの2048ビット暗号化キーを利用して、サーバーとクライアントブラウザーの間の接続を安全に保っています。

 

ファイルバックアップ

ファイルのバックアップ先が複数あるため、お客様の情報はいつでも安全です。ファイルの複数のコピーを異なる場所に保存することで、データを災害やハードウェア障害から保護します。

 

ウイルス、マルウェア、スパムを検出

Zoho Docs内のファイルはウイルスチェック、マルウェアチェック、スパムチェックを受け、感染していれば検出されます。感染したファイルは他のユーザーに配信されません。