安心のデータセキュリティ

Zoho Docs は、SOC 2 Type IIや、ISO27001といったコンプライアンス基準に準じたセキュリティ対策を実施しています。EU-US Privacy Shield Frameworkにも準拠しています。物理的・論理的及びデータレベルでセキュリティを担保するため、徹底的なセキュリティ保護を行っており、安心して各種ブラウザ、パソコン、スマートフォンから作成、編集、閲覧、共有ができます。

物理的

より詳細なセキュリティ対策については、情報セキュリティについてをご確認ください。
 

24時間365日体制のセキュリティ監視

データセンターは24時間365日体制のセキュリティ監視下にあり、複数箇所(非公開)の堅牢な建物内で運用されています。

 

入退室認証

データセンターには認可を得た限定人物のみがバイオメトリック認証及び2段階認証によって入退室を許可されています。

 

セキュアOS

Zohoアプリケーションは、セキュリティ面の脆弱性を排除するため、OSの余計な機能を削ぎ落とすなど、より安全な対策を独自に施したオペレーティングシステムにて運用されています。

 

サーバー障害対策

Zoho 社のサーバーは、分散グリッドアーキテクチャにて安定的、冗長的に運用されています。障害によってシステム及びサービスに与える影響を限りなく軽減できるよう設計されています。

データセキュリティ

 

データ転送中の暗号化

Zoho Docs は、TLS(Transport Layer Security)プロトコルを使用し、強力な認証と、通信の秘匿性、およびデータの完全性を担保しています。 クライアントデバイスからクラウドサービスへの転送中のデータはPerfect Forward Secrecy(PFS)によるユニークキーで保護され、RSAベースの2048ビットの暗号化キーを利用し、サーバー・クライアントブラウザ間の安全な接続を実現しています。

 

ファイルバックアップ

災害やハードウェア障害からデータを保護するため、ファイルは複数箇所でバックアップされています。

 

ウィルス・マルウェア・スパム検知

Zoho Docs 内のファイルは、ウィルス、マルウェア、スパムチェックが行われ、感染を防止します。