オンライン型チームコラボレーション

オフィス、自宅、出張先など、場所を選ばずチームメンバーとコラボレーションできます。 より多くのメンバーと協力し、アイディアを洗練し、柔軟でスピーディーな働き方をサポートします。

共有・公開

ファイルやフォルダを、メンバー個々に共有したり、グループや組織(同じドメイン)に対して一括で共有したりできます。また公開用URLを発行し、制限なく一般公開したり、アクセス用パスワードを設定し、一定期間だけ公開することも可能です。

 

共同編集

共有する人のメールアドレスを指定し、特定ユーザーに権限を付与できます。

 

組織内共有

メールアドレスのドメインを指定し、特定ドメインのアカウント(同じ組織のユーザ)にファイル・フォルダを共有できます。

 

Web公開

Zoho Docs で作成したドキュメントに誰でもアクセスできるURLを発行し、公開できます。

 

パスワード制限付きWeb公開

Web公開時にパスワードを設定し、閲覧時に入力を求めることも可能です。

権限設定

ファイル・フォルダごとにアクセスできるユーザーの各種権限を設定できます。

 

共同所有者

ドキュメントの所有権限を共有します。

 

閲覧・編集権限

ファイルを閲覧、編集し、データを更新する権限を付与します。

 

閲覧権限

作成されたファイルを閲覧する権限のみを付与します。

 

閲覧/コメント権限

作成されたファイルを閲覧し、コメントやフィードバックを残す権限を付与します。

チームコラボレーション

スムーズなコラボレーションを実現し、チーム作業のパフォーマンスをアップしましょう。

 

ディスカッション

アプリ内のチャット機能を使用し、共同編集者とチャットすることが可能です。 また、Zoho Cliq(無料で使えるチャットサービス)オプションを使用し、社内メンバーの誰とでもチャットによるコミュニケーションができます。

 

コントロール

共同編集中に他の人が上書きした内容を元に戻せます。 また、チェックイン/チェックアウト機能を使用し、同時編集を排他ロックすることもできます。

 

復元

バージョン履歴管理により、同一のファイルの名前を変更して、v1、V2 をわざわざ保存する必要はありません。過去のバージョン履歴を保存し、いつでも元の状態に復元することができます。

 

 

最終ファイル

完成したドキュメントを最終ファイルとして把握できるよう、完了ステータスを更新することが可能です。

アクセス履歴管理

ファイルへのアクセス履歴から、チームの作業状況を把握し、必要に応じてリソースを調整するなど、チームの作業を支援しましょう

 

更新履歴

ドキュメントを共有し、共同作業を行っている場合に、誰がどの変更を行ったのか把握できます。

 

通知

ファイルが編集されると、メールで通知が届きます。つねにドキュメントの更新状況をフォローすることが可能です。

 

タスク管理

タスクをメンバーに割り当て、進捗を管理することが可能です。 作成されたドキュメントをレビューし、承認するプロセスを追加したり、期限が迫ると自動的にリマインドを通知するよう設定できます。

 

ユーザー別アクセス・ステータスレポート

ドキュメントにアクセスし、作業したチームメンバーを特定したり、日付・時刻・編集者名・ファイルが開かれた回数などを確認できます。

柔軟な働き方を

出張中や家族の体調不良など会社に出勤できないときでも場所を選ばず気軽に仕事ができる環境をつくることは、 さまざまな人材と共に協力してビジネスを行うこれからの時代にあたり、必須の対策となるでしょう。

  • 世界中のだれとでも、コラボレーションできます。
  • デバイスを選ばず、いつでもどこでもファイルを確認できます。
  • 更新されたファイルは、常にリスト上位に表示されます。”今”必要なファイルがどれなのか一目瞭然です。