医療向けファイル管理

電子医療レコードはますます重要になっており、オンラインデータストレージのニーズが劇的に高まってきています。クラウドストレージはコスト効率の良いソリューションです。データアクセシビリティを改善することで、運用効率を向上し、患者の問い合わせにより迅速に対応できます。

今すぐ登録

患者のプライバシーを保護

医療の現場では、膨大な量の診断情報を収集し、分析します。これらのテストレポート、研究所の手順書、保護医療情報(PHI)は機密性を保持する必要があります。ISO 27001とSOC-2業界固有の基準に準拠したZoho Docsは、物理レベルと論理レベルの両方ですべてのデータを保護します。

 

検証済みファイルの使用を許可

共有するファイルを誰が表示できるのかを管理できます。たとえば、関連する医師と患者のみが診断レポートを表示できるようにします。または、他の関係者も含めます。読み取り専用、読み取り/書き込み、読み取り/コメントといった権限タイプをいつでも変更できます。

 

監査証跡を取得

誰が文書を開き、文書内の情報を変更または削除したのかをモニタリングします。レコードの違法な閲覧や違法に加えられた編集をすばやく察知できます。また、タイムログを使用すれば、許可されないアクセスがいつ行われたのか確認できます。

包括的なレコードストレージ

すべての医療レコードを一元化された場所で保持できます。研究所のテストレポート、保険金請求などのファイルをかんたんに保存しましょう。データを異なるフォルダーに割り振ることで、すばやく情報を検索し、問い合わせに応対できます。あらゆる問い合わせへの対応に必要な情報がなんでも揃います。

 

スキャンしたファイルを直接送信

スキャンした請求書をストレージに直接保存するには、Email-In機能を使用して、アカウント用に生成された固有のEmail IDに文書をメール送信します。

 

患者アカウントを整理

患者情報を、名前、医療記録番号、入院日、担当医師などに基づいてフォルダーとサブフォルダーに保存します。

情報交換がかんたん

オンラインでのコラボレーションにより、会計担当から保険のステータスを収集したり、心臓科が実施した治療に関する情報を編集したり、薬局から処方された薬のリストを取得して退院要約を作成することができます。

 

患者に最新情報を伝える

ファイルの共有、担当医師の割り当て、受診のリマインダー通知の設定などが可能です。患者は予約、診断レポート、請求に関する最新情報を把握できます。

 

透明性を維持

患者が必要なときにいつでも閲覧できるように、オンラインでヘルスレポートを共有できます。頻繁に更新すれば透明性が高まります。

 

受診履歴を記録

毎回新しいファイルを作成するのではなく、既存のファイル内に患者の状況を記録します。過去のバージョンをレビューして進捗状況をモニタリングしましょう。

管理者による制御

リポジトリ内の文書に注意しましょう。顧客の請求からMRIスキャンや研究所のレポートまで、システム内の各ファイルをモニタリングし、個々のファイルへのアクセスを制御できます。

 

完全なファイル転送を徹底

患者情報の安全性を維持し、データの窃取を防ぎます。データの漏えいを避けるために、すべてのファイルの所有権を担当医師に移転しましょう。

 

すべての医療記録を回収

作成されたすべての文書を最初から追跡できます。管理者は、組織内で作成・削除されたすべてのファイルを取得できます。