アイデアをすばやく形に

ポイント&クリックツールを提供するコンソールのインターフェイスは、拡張機能を迅速に開発できるように設計されています。ワークフロービルダーにより、拡張機能ですべてのビジネスプロセスを自動化できます。

 

Zohoのデータベースにデータを保存

コンソールのデータベース駆動型UIビルダーを使用すれば、新しいカスタムタブを構築したり、Zoho CRMの既存タブ用に新しい項目を作成したりできます。あらゆるデータソースをZoho CRMのタブにつないで、Zohoのデータベースに保存しましょう。

 

リモートでホストされたアプリケーション用のSSO

Zohoをアイデンティティプロバイダーとして使用して、リモートでホストされたあらゆるアプリケーションにアクセスできます。Zoho CRMでは、SAML 2.0標準プロトコルを使用してシングルサインオンアクセス(SSO)の認証と提供を行います。このため、セキュリティが強化され、ユーザーはパスワードを1つ覚えるだけでよくなります。 

 

スケジュール

カスタム機能を使用してアクションをスケジュールしましょう。特定の時刻に実行することも、繰り返し実行することもできます。Zoho Developerのスケジュール機能を使用することで、外部アプリケーションとZoho CRMとの間で定期的にデータを転送したり、Zoho CRMでアクションを自動実行したり、既存のシステムにCRMデータをプッシュしてバックアップを作成したりすることが可能です。

Zoho CRMの標準機能を超える機能を
構築

既製のソフトウェアコンポーネントを開発し、Zoho CRMに一連のカスタム機能を追加することも、Zoho CRMと外部アプリケーションを連携させることもできます。

 

Zoho CRMに新しい機能を追加 

カスタムタブ、ワークフロー、関連リストなどの構成要素を拡張機能としてまとめて、Zoho CRMに新しい機能を追加できます。

 

コネクタを構築して連携させる

外部アプリケーションとZoho CRMを緊密に統合する拡張機能を構築できます。Zoho Developerを使用すれば、Basic認証とOAuth 2認証を両方サポートするアプリケーションを連携させることができます。

Zoho CRMにアプリケーションを埋め込む

Zoho DeveloperのブラウザベースのJavaScriptフレームワークを使用して、クライアントサイドのアプリまたはサーバーサイドのテクノロジーをCRMに埋め込むことができます。また、接続された外部アプリケーションにZoho CRMからアクセスするにはシングルサインオンを使用します。

詳細はこちら

Zohoマーケットプレイスで公開

拡張機能は、パッケージにまとめて個人的に共有することも、ブランディングして価格を設定し、Zohoマーケットプレイスで販売することもできます。こうして、自分で開発した拡張機能に1200万人以上のユーザーがアクセスできるようになります。マーケットプレイスにプロフィールを公開すれば、顧客からビジネス要件が直接伝わります。

開発を始める