Menu

アイデアをスピーディに実現

コンソール画面の「ポイント&クリック」ツールで、拡張機能をスピーディに構築できます。
ワークフロービルダーで拡張機能を追加すると、あらゆるビジネスプロセスを自動化できます。

Zohoのデータベースでデータ保存

コンソール画面のデータベース駆動型UIビルダーから、Zoho CRMに新しいカスタムタブの作成したり、既存のタブに新しい項目の追加が可能です。
あらゆるデータソースをZoho CRMのタブに接続して、データベースに一元的に保存できます。

リモートホストアプリ向けシングルサインオン(SSO)

SAML2.0標準プロトコルを使用して、Zoho CRMから、外部アプリにシングルサインオン(SSO)できます。
セキュリティ層が増えて強化されながらも、ユーザーは単一のパスワードを覚えるだけで済む、といったメリットを、ZohoをIDプロバイダーとして提供しましょう。

スケジュール設定

カスタム機能を使用して、一度きりの処理や、繰り返しの処理を予約できます。Zoho Developerのスケジュール機能で、定期的に外部サービスとZoho CRM間でデータを転送したり、Zoho CRMで自動処理を実行したり、他のシステムにCRMデータをプッシュして、バックアップを作成することができます。

Zoho CRM以上の機能を構築

Zoho CRMに一連のカスタム機能を追加したり、Zoho CRMと外部サービスを連携させるアプリを開発できます。

Zoho CRMに新しい機能を追加

カスタムタブ・ワークフロールール・関連リストなどの構成要素を、拡張機能としてパッケージ化することで、Zoho CRMに新しい機能をかんたんに追加できます。

外部サービス連携用のコネクターを構築

外部サービスとZoho CRMを連携させる拡張機能を構築。Zoho Developerは、基本的なAuthとOAuth 2の両方に対応するサービス間連携に使用できます。

Zoho CRMの中にアプリを埋め込む

Zoho DeveloperのブラウザベースのJavaScriptフレームワークを使用して、クライアント側のアプリ、サーバー側の技術をCRM内に埋め込むことができます。また、シングルサインオンで、Zoho CRM内から外部サービスにアクセスできます。

詳細はこちら

Zoho Marketplaceで販売

拡張機能をパッケージ化して特定のユーザー同士で共有したり、Zoho Marketplaceで価格を設定して、自社サービスとして世界に対して販売できます。1200万人以上のユーザーが、構築した拡張機能にアクセスできるのです。Marketplaceにプロフィールを公開すれば、お客さまからの信頼も上がるでしょう。

開発をはじめるZoho Developerへ