複数のアプリケーションをつなげて連携させる

ウィジェットにより、Zoho CRMと他の外部サービスとの間でシングルサインオンが可能になります。Zoho CRMからあらゆるアプリケーションにデータを送信したり、データの更新、ワークフローの起動を行えます。

 

一般的な連携を超えて

Zoho CRMアカウントからあらゆるアプリケーションにサインインして、リアルタイムでデータを作成、編集、削除できます。データを手動で転送したり、定期的に同期する必要はありません。

 

アプリケーションをどこにでも埋め込む

Zoho DeveloperのJS SDKにより、アプリケーションのウィジェットを独自のタブ、ボタン、関連リストとしてZoho CRM内に設置できます。さらに、Zoho Developerのカスタム電話ウィジェットを使用して、任意のVoIPアプリケーションを埋め込むことも可能です。

 

さまざまな条件で開発

自分にとって最も快適な環境で作業しましょう。ウィジェットを使用すれば、任意のサーバーサイド技術またはクライアントサイド技術を使って構築されたアプリケーションや、任意のリモートサーバーまたは外部サーバーでホストされているアプリケーションをつなぐことができます。

 

公開も非公開も・お好みで

ウィジェットを拡張機能としてまとめ、Zohoマーケットプレイスで世界中にいる数百万人のZohoユーザーに販売することも、ご自分のZoho CRMアカウント専用のアプリケーションを構築することも可能です。

最初のウィジェットをZoho Developerで構築しましょう。

開発を始める