お申し込みありがとうございました。
お申し込みの受付完了メールを
ご登録のメールアドレスにお送りいたしました。
メールが届かないなど、お困りなことや
ご不明点などございましたら、
seminar@zoho.jp または 0120-007-542(通話無料)まで
お気軽にお問い合わせください。

ウェビナーのお申し込み

* 必須フィールド

視聴はこちら

近日開催のウェビナー

-

-

サポート部門のリソースがひっ迫しやすく、「問い合わせが減らない」、「担当者の工数が増え続けている」とお悩みではありませんか?担当者のパフォーマンス、チケット過多、情報共有の不足など、さまざまな課題で溢れかえっている企業が多々あります。

しかし、従来のメールソフトやExcelでのチケット管理では、こうした課題を解消することは困難を極めます。

人海戦術に頼ったとしても、根本的な解消にはつながりません。むしろ、対応ノウハウが浅い新人を増やすことで、返ってベテラン層にかかる負荷が高くなり、さらなるリソースのひっ迫状況を招く恐れもあります。

あらゆる情報のデータ化が進む昨今、こうしたボトルネック解消にもデジタル革命が注目されています。
実際、ITを利用しこれまで解消できないとされてきた課題をクリアにし、働く人がスムーズに業務できる環境を整えることが、サポート部門のパフォーマンス向上に大きく貢献すると実証されてきました。

当社が提供する問い合わせ管理システム「Zoho Desk 」は、こうしたボトルネック解消を実現し、パフォーマンス向上に貢献しています。

そこで、この動画では、サポート部門のリソース状況を可視化し、ボトルネックの解消に役立つ情報をお届けします。

ご紹介する内容
  • なぜサポート業務の可視化と改善が必要なのか
  • サポート部門で可視化すべき情報とは
  • Zoho Deskを用いたサポート業務の可視化と意思決定例

※本動画では、ウェビナー開催時点の情報に基づいて紹介しています。

この動画をおすすめする方

下記のようなお悩みを抱えている経営者、サポート部門の管理職・担当者、サポートアウトソースの管理者の方におすすめです。

  • ヘルプデスク/カスタマーサポートツールの導入を検討している
  • サポート部門のリソース調整をもっと効率よくしたい
  • サポート部門の業務を可視化したい

菊池 紗矢香

ゾーホージャパン株式会社 マーケティング事業部

Zoho CRM をはじめとした一部Zoho サービスおよびパートナーのマーケティング責任者。Webを中心としたデジタルマーケティングを得意とし、ITシステムを活用したビジネスマネジメントに10年ほど従事。Zoho CRM / Zoho Desk で提供されている各種eBookの執筆・監修者。ハイレベルなビジネストピックもわかりやすくかつ論理的に解説。
前職では、クライアントに対するマーケティング施策の改善提案・検証を重ね、その後独立。BtoB、BtoC共に企業のマーケティング・営業戦略を支援し、2015年にZoho へ入社。その後、インドへ移住し、Zoho Corporation Pvt. Ltd (インド本社)の初外国人社員 となる。2019年日本支社へ帰籍。

近日開催のウェビナー

-

-