コミュニケーション

社内のメンバー同士でコミュニケーションができる場を通じて情報共有や意見交換できます(フィード機能)。サポート担当者同士、上司と部下など、さまざまなユーザーの間で顧客サポートに必要な情報をやりとりできます。

動画を見る(英語)

チームワークの向上

カスタマーサービスは個人の仕事ではありません。1部門だけの仕事でもありません。それなら、すべての問い合わせにチーム で取り組み、立ち話ではなく画面上で話し合いませんか?

@メンション、問い合わせ割り当て、ワークフローの機能だけでは、選ぶべき担当者が判断できない場合もあります。そんな時は関連するチームをタグ付けし、そのチーム内で最適な担当者を決めてもらいましょう。これがスマートなコラボレーションです。

動画を見る(英語)

Zoho Deskにアクセス

対面せずにミーティング

分散したチームに何よりも必要なのは、距離に打ち勝つ方法です。チームフィードは、アプリ内でメンバーと会話できる便利な機能でこれに応えます。

  • エージェント向け

    • あらゆる面でシンプル!
    • 問題について話し合う
    • 誰かをタグ付けして助けを求める
    • 協力して問い合わせ対応を完了
  • 管理者向け

    • チームフィードを利用して進捗状況を監視
    • 問い合わせをフォロー
    • チームメンバーに通知を送信
    • 些細なことで会議を開く必要なし!

責任を分担

問い合わせを移動させることに疲れ果てましたか?部門をまたいで問い合わせ を共有できるようになりました。対応担当者が多すぎるという心配もありません。誰かが問い合わせにアクセスして作業を行った場合、必ず通知が送信されます。

端的に言えば「すべて」

通知センターは、知っておくべき最新の進展を負担のない方法で通知します。同僚と交流し、タグや@メンションを使用して最新のイベントについて通知を送信できます。

便利なラベル

ページにブックマークを設定する要領でヘルプ記事や問い合わせをタグ付けし、後で参照できます。タグは、以前に対応したことのある問題ですぐにリソースが必要な場合などに便利です。

アクセスをめぐる競争はやめよう

問い合わせを解決するために、複数の部署のコラボレーションが必要な場合が多々あります。そのような場合に、問い合わせの責任者を変更するのは大変です。1人のエージェントや1つの部署だけが責任をもち、その会話全体を閲覧できるというわけではないからです。問い合わせを共有することで、この主導権争いを終わらせることができます。問い合わせは関連部署と共有され、責任は1つのリーダー部署が担います。

どこにいてもチームと一緒

Zoho Deskのエンタープライズプランを無料でお試しください。

無料トライアルに登録

クレジットカードは不要。ソフトウェアのダウンロードも必要ありません。