購入するヘルプデスクソフトウェアを決めるにはどうしたらよいですか?

ルプデスクソフトウェアの重要性を理解し、その購入を決定した後、その選択肢の多さに圧倒されることでしょう。お客さまの負担を軽減すべく、最適なヘルプデスクソフトウェアを選択するうえで考慮すべき要素を以下に示しました。

チームの規模

最適なソフトウェアを決定するうえで、チームの規模は重要な要素です。大規模なチームでは、チームの規模に合った料金プランを探します。一方、少人数のチームやフリーランサーの場合、低コストで必要な機能が揃っているだけでなく、将来の拡張に対応できるソフトウェアを購入すべきです。カスタマーサービスのレベルを向上させるには、チームに合ったソフトウェアが必要です。

予算

起業直後であれば、最適なヘルプデスクソフトウェアをより慎重に選択すべきです。他にも対応すべき部門がある時に、カスタマーサービスに多額の予算を使う余裕はありません。

機能と連携

機能を確認する際、製品コピーのわかりにくい用語や宣伝文句に惑わされないことが重要です。その機能セットで、よりかんたんに、より生産的に、担当者間でコラボレーションできるかを分析します。一般的に、タスクの自動化と、ソフトウェアの短所を補うための外部サービス連携機能を備えたヘルプデスクを選択するとよいでしょう。複数のサービスチームやブランドを擁する組織では、チームとブランドの全員が、1つのアカウントからソフトウェアを使えるものにします。

ブランドの認知度

お客さまが問い合わせにどのチャネルを利用しているかを調査します。ほとんどのお客さまが電話かメールを利用している場合、ヘルプデスクソフトウェアがそれらのチャネルに対応しているかを確認します。また、ヘルプデスクソフトウェアがソーシャルメディアプラットフォームと連携していて、トレンドを追跡し、お客さまのフィードバックに対処できるかを確認します。

お客さまのレビュー

お客さまからのフィードバックは、最適なヘルプデスクソフトウェアの選択に大きく影響します。お客さまのレビューを読んで、ソフトウェアの品質を検証します。最終決定をする前に、サクセスストーリーを求めて、フィードバックを細部まで検討します。

一般的に、興奮するようなものよりも使いやすいソフトウェアを選びます。