営業とサポートで連携

営業と顧客サポートのシステムを連動。顧客情報を双方向に同期。営業担当者がサポート担当者にいちいち確認しなくても、サポートの対応状況を把握できます。お客さま満足度の向上や受注率、更新率の向上につなげられます。

登録

彼を知り己を知れば百戦あやうからず

誰からのお問い合わせ?

お問い合わせを顧客属性ごとに分類できます。新規のお客さまなのか既存のお客さまなのか、商談中なのかそうでないのかによってお問い合わせを分類し優先順位を付けられます。

通知を受けてすばやく対応

お客さまからの問い合わせが発生した時、問い合わせが完了した時、お客さまが問い合わせ対応のの評価をした時など、何か変化があった場合に営業担当者に通知できます(セールスシグナル機能)。営業担当者と顧客サポート担当者間での情報共有がよりスムーズに。

知識は力なり

お問い合わせの画面で顧客情報を確認

お客さまがお問い合わせをする際に、サポート担当者が得られる情報には限りがあります。お客さまの状況を正確に把握できず、気の利いた対応をすることが難しいことも少なくありません。

Zoho Deskでは、CRMから詳細なお客さま情報を取得。サポート担当者がお問い合わせの背景やお客さまの状況をより詳細に理解できます。対応に活かして満足度の向上につなげられます。

顧客詳細の画面でお問い合わせ情報を確認

Zoho CRMでは、お客さまに関連するZoho Deskのお問い合わせ情報を連動して表示できます。営業担当者は、お客さまからのお問い合わせやサポート担当者とのやりとりを確認可能です。

お客さまへの対応状況や満足度を確認し、営業対応にも役立てられます。

営業とサポートの連携を強化

さらに連携を強化するのに拡張機能が役立ちます。自社のニーズや業務フローにあわせた独自の関数処理を設定し、情報共有やデータの更新を自動化できます。双方で必要な情報をお互いに共有し、会社全体のお客さま対応を洗練できます。

営業とサポートの連携で顧客満足度を向上。

Zoho Deskのエンタープライズプランを無料でお試し

無料登録

無料登録では、クレジットカード情報は必要ありません。