ヘルプデスクソフトウェアを評価する最善の方法は?

かりました、ヘルプデスクが必要という結論に達しましたね。市場であれこれ探したところ、非常に多くの選択肢があったでしょう。どうしたら、貴社に最適なソフトウェアが見つかるでしょうか?

  • まずは、提供するサービス範囲を定義してください。これにより、ヘルプデスクソフトウェアに必要な特徴や機能を特定できます。ニッチな機能を備えたものも含め、ありとあらゆるカスタマーサービス機能を提供する製品が市販されています。機能の説明を読み、事例を分析し、各ブランドを比較して、最適なものを見つけます。

  • 予算を確認します。多くのヘルプデスクソフトウェアでは、担当者数別の料金モデルを採用しています。チームの規模に応じて、適度に低価格で最大限の機能を提供するソフトウェアを探します。

  • これらの要素に合致するソフトウェアが見つかったら、その規模でソフトウェアを試します。多くのサービスには、何らかの無料お試しがあります。これを利用して、チーム全体を参加させ、さまざまな役割のユーザーがソフトウェアの性能に満足するかを確認します。ヘルプデスクソフトウェアは通常、設定が大変なため、最初に手ごわさを感じても、尻込みしないでください。ヘルプデスクソフトウェアの効果は、機能と同じぐらい、設定の良し悪しに依存します。必要な時には支援を依頼してください。各ブランドとも、製品に関する情報を提供しています。

  • ブランドから製品に関する資料が送られている場合には(多くの製品ではお試し期間中に送付)、その資料を活用して、製品の使い方を理解することに挑戦してみてください。

カスタマーサービスは1日だけの業務ではありません。14日間でも不十分です。お客さまの場合、ソフトウェアのお試し期間の延長がソフトウェアの有用性の検証に必要だと思われる場合は、お試し期間の延長を依頼してください。時間をかけて、できるだけ多くのケースで試してください。