自動化で生産性を向上

営業やマーケティングの業界では、フォローアップのし忘れは致命的です。Zoho CRMのワークフロー自動化を使用すれば、日常作業を自動化して営業時間の生産性を上げることができます。

1つのルールに複数の条件

お客様へのメールの送信からリードのフォローアップ、そして必須フィールドの更新まで、毎日やらなければならない仕事はたくさんあります。ワークフロールールを使用すれば、特定の条件が満たされた場合にそれらの仕事が自動的に実行されるようにできます。1つのルールに対して最高10の条件を設定し、1つのワークフローの力を10倍に増やしましょう。

CRMで自動的にフォローアップ

リードを取引にコンバージョンさせるために何をすべきかを知ることは、取引を成立させる上で重要です。CRMに新しいリードが入ってくると、歓迎のメールを送ったり、一連のドリップキャンペーンメールを送ったりしてリードを選定します。ワークフロールールで即時アクションとスケジュールしたアクションを使用すれば、パイプライン内のフォローアッププロセスを自動化できます。

ワークフローの機能

ワークフロールールは日常の作業をより迅速に完了させますが、各ルールがどのように機能するか知っていますか?ワークフローの洞察が各ルールを分析、分類してくれます。特定のルールを通過するレコード数から、リードのうちの何人がメールを開けたかまで、Ziaはインテリジェンスを使用してワークフローをさらに分析します。たとえば、ルールの変更によるメールテンプレートの変更がうまくいっていない場合には、Ziaがそれを検出してくれます。

適切なリードを適した担当者に割り当て

リードは、Webフォーム、トレードショー、最近のインポートなど、さまざまなチャネルから入ってきます。これはつまり、それぞれのリードを適所に配置しなければならないということです。ここでZoho CRMの割り当てルールが役立ちます。Webフォームからの可能性の高いリードをチームで取引成立率が高い担当者に自動的に割り当てしたり、前触れなく電話してきたリードを説得がうまい担当者に自動的に割り当てるなど、特定の条件に基づいてリードを割り当てできます。または、チーム全員に等しく割り当てることもできます。

マクロで労力と時間を節約

Zoho CRMは、繰り返される作業を検知し、その作業をより迅速に終えるためのマクロを提案します。マクロを使用すれば、いつも手作業で行っている日常業務に対して一連のアクションをトリガーできます。たった一度クリックするだけで、マクロを使用して、メールの送信、記録の更新、タスクの作成を同時に実行できます。チームと共有すれば、他のスタッフも同じ一連のアクションを実行できます。

アプリを繋ぐ

取引が成立するたびに倉庫にメールを送りたいですよね?Webhooksを使用すれば、CRMで特定のイベントが発生するたびに、外部サービスのアプリケーションのアクションをトリガーすることができます。連絡先の作成から取引成立まで、Webhooksを使用して、CRMと他の何百ものアプリとの会話を可能にしましょう。

カスタムの関数でCRMを拡張

営業担当者は、リードのフォローアップや取引を成立させるために、顧客情報のさまざまな部分にアクセスする必要があります。しかし、異なる複数のアプリケーションを使用している場合、これらすべてのデータを追跡するのは困難です。Zoho CRMのカスタム関数が、この問題の解決を支援します。毎日CRM内で使用する外部サービスのアプリケーションから情報を表示する、カスタムの関数を作成できます。また郵便番号に基づいて都道府県や市町村区を自動入力したり、成立したすべての取引に基づいて顧客からの累積収益を計算したりすることもできます。