お申し込みありがとうございました。
お申し込みの受付完了メールを
ご登録のメールアドレスにお送りいたしました。
メールが届かないなど、お困りなことや
ご不明点などございましたら、
seminar@zoho.jp または 0120-007-542(通話無料)まで
お気軽にお問い合わせください。

ウェビナーのお申し込み

* 必須フィールド

視聴はこちら

近日開催のウェビナー

-

-

企業は、ユーザーとのタッチポイントを経て顧客を収集し、売り上げを伸ばすきっかけを集めています。
ユーザーとのタッチポイント(サービスやコンテンツとの接点)には、広告、ホームページ、SNS、ブログ、店舗、カスタマーサービスなどデジタルからリアル(物理的)まで、様々あります。
さらに、タッチポイントから、ユーザー情報を収集するのに欠かせないのがお問い合わせ、申し込み、資料ダウンロードやアンケートなどの「 フォーム 」です。

みなさまは、これらのフォームをシーン別や用途別に作り変えていますでしょうか。
例えば、営業活動ではもう一切FAXを使っていないのに、会社のホームページのお問い合わせフォームにFAX番号の入力欄があったり、「お問い合わせのきっかけ」を尋ねる質問の選択肢に、SNSが入ってないために回答が「その他」になっていたりしていませんか。

案外、同じフォームをずっと使い続けている人は少なくありません。

この要因は、自社でフォームを自由に作成したり変更したりするのが、難しいからではないでしょうか。

  • フォームの作成・変更には、Web制作会社などプロに依頼しないとできない
  • フォームの変更に伴い、顧客データベースの変更が必要になってしまう

特に後者はフォームをちょっと変えただけで、システム課にと嫌な顔され、外注先の業者には数十万単位でのコストが要求されます。

Zohoは、ノーコード(ドラック&ドロップ等の操作)で、お客様との最も重要な接点となるフォームの自由な作成/変更、それに伴う顧客管理データベースの自在なカスタマイズが可能です。
つまり上の課題は、どちらもいとも簡単に解決してしまうのです。

さらには、収集した大事な顧客データをより有効に使って、次の売上を伸ばすという取り組みが簡単に取れるようになります。

このセミナーでは、Webサイトのお問合せ、メールマガジンでのアンケート、イベント・展示会の申し込み、実店舗など、オンラインからオフラインまで様々なシーンでのフォームと顧客データベースの活用術をご紹介します。

主な内容
  • 「 使える 」タッチポイントの作り方
  • 普段すり抜けてしまったお客様への追客の仕組みからリピーターの育成
  • 簡単に編集できて、すぐに使える、フォームの作り方
  • 収集したデータを活用して、売り上げを伸ばす戦略の武方

※同業他社の方はお申し込みをお断りする場合がございます。あらかじめご了承ください。

この動画をおすすめする方

以下の課題を抱えているWeb担当者、マーケティング担当者、営業担当者の方におすすめの内容です。

  • ホームページのお問い合せフォームを活用できていない
  • 顧客情報やアンケートの収集が紙で行わるため、集計などに時間がかかる。
  • CRMに入れる情報が人によってバラバラ
  • ワードやエクセルなどから転記に時間がかかっている
  • フォーム上の選択肢に応じて、通知メールの飛び先を変更したい
    など

稲葉 智宏

ONiWA株式会社 代表取締役

弊社は、「人を動かすのは、すべて情報である」「考える集団」「仕組みの標準化」をコンセプトに今年の7月1日に設立した会社です。ITを中心にした企画立案からWebサイトや付随する様々な制作、公開後の保守管理や広告運用、そして日常的な業務相談など幅広くワンストップで対応し、お客様と共に成長することを目指しています。

個人履歴

tomohiro-inaba-history

近日開催のウェビナー

-

-