販売行為とはソーシャルなものであり、CRMもそれに従うべき

営業プロセスにソーシャルメディアの力を統合し、ブランドの認知度を高め、顧客との関係を深め、より迅速に取引を成立させましょう。

複数のプロファイル、1つのブランド

貴社の組織で、Facebook、Twitter、Google+に個別製品やサービスのソーシャルメディアプロファイルがある場合には、Zoho CRMの[ブランド]にプロファイルを追加してかんたんに管理できます。Zoho CRMはZoho Socialと緊密に連携し、すべてのブランドプロファイルと設定のすべてをリアルタイムでシームレスに同期します。システムの設定時間を節約し、取引成立にかける時間を増やしましょう。

コネクト・エンゲージ・販売

Facebook、Twitter、Google+で、ソーシャルメディアでの見込み客との会話をリアルタイムで管理しましょう。コンテンツの共有から取引の成立まで、Zoho CRMの[ソーシャル]タブからすべてを実行できます。

重要な人々と会話に集中

ソーシャルダッシュボードにより、ビジネスにとって重要なソーシャルメディアの会話に集中できます。リード、連絡先、潜在的顧客からの投稿や会話をフォローし、先手を打って管理しましょう。

ソーシャルメディアからリードと連絡先を追加

リードは[ソーシャル]タブから手作業で追加することも、リード生成を自動化することもできます。トリガーを設定し、顧客のインタラクションの種類に基づいてソーシャルメディアからリードや連絡先を自動的に追加できます。また、割り当てルール、タスク、リマインダー通知を使用し、リードや連絡先を営業担当者に自動的に割り当てできます。

独自のリスニングストリームの作成

[モニタ]タブのキーワード追跡を使用し、Twitterで見込み客や競合会社があなたのブランドについて何を言っているかフォローします。 

ソーシャルメディアからのヒントを営業上のインタラクションに活用

見込み客のライブアップデートに耳を傾け、見込み客にとって何が重要か、いつ連絡するのが最適化かを判断します。 

インタラクションでCRMの前後関係を決して見逃さない

いったん連絡先をZoho CRMに追加すると、その情報、取引履歴、活動に[ソーシャル]タブからアクセスできるようになります。また、連絡先と交わした最新のソーシャルメディアでの会話を確認することもできます。リアルタイムの情報を使用できるため、つぶやきや投稿への返答で営業のための前後関係を逃すことがありません。

把握しやすい環境を

ソーシャルメディアの情報も、Zoho CRMのお客さま情報にしっかりと紐付け。最近の投稿をチェックし、お客さまが必要とする情報を、タイミングよく届けられます。