適切なユーザーに適切な責任を

Zoho CRMのエンタープライズレベルのセキュリティ機能を使用すれば、さまざまなレベルで顧客データを保護できます。ユーザーに役割を割り当て、モジュールとフィールドレベルの権限を定義し、さまざまなレベルのデータ共有権限でCRM内で誰が何を閲覧できるかを制御します。 

役割を割り当て、閲覧権限を管理

営業担当者から営業マネージャーまで、ユーザーのタイプに基づいて役割を設定し、CRMで組織内の階層を複製しましょう。

それぞれの組織に合った選択

組織の基準に合わせて役割の階層またはレポートの階層を選択し、全員がそれぞれ適切なデータにアクセスできるようにします。

レコードレベルの共有

ユーザーに対してレコードレベルの共有権限を有効にすると、ユーザーは個々のレコードや多数のレコードを共有できるようになります。役割の階層に基づき、同じまたは異なる権限セットをその他のメンバーに与えることもできます。

プロファイルを使用したユーザー権限の管理

Zoho CRMのプロファイルを使用し、顧客レコードの削除またはエクスポートなどの権限をコントロールできます。各チームメンバーが、それぞれ必要とする機能のみにアクセスできるようにします。

フィールドレベルのセキュリティ

フィールドレベルのセキュリティを使用すると、顧客の銀行口座詳細など、機密性の高い情報を閲覧できる権限をコントロールできます。どのユーザーに対してどの情報を表示するか、そして誰がそれを編集する許可を持つかを選択できます。

ユーザーのシフトのスケジュール

営業時間を設定し、組織内の各ユーザーの勤務スケジュールを管理できます。ユーザーのタイムゾーンやシフトスケジュールに基づいて、最大30件までのシフトを作成し、タスクを割り当てできます。

共有ルールでのアクセス権の付与 

他の役割やグループに属する特定のセットのユーザーにアクセス権限を拡大し、組織全体のデータ共有設定を管理できます。共有するレコードを選択し、読み取り専用や読み取り/書き込みアクセスを付与して、レコードへのアクセスを制御することもできます。

グループでチーム営業がかんたんに

異なる部門からの営業チームが協力して取引をまとめられるように、新しいグループを作成できます。メンバー(ユーザー、役割、部下)をグループと関連付け、データ共有ルールを適用して共通の情報を共有します。