アクセスできるデータを制御

お客さま情報はとても重要なものであり、むやみに多くの人がアクセスできる環境は、あまり好ましくありません。 Zoho CRMでは、各ユーザーの役割に基づき、データへのアクセス権限を制御。 タブや設定画面、データ別、項目別のアクセス権限を細かく設定し、セキュリティを強化し、担当業務に応じた使いやすい環境を構築できます。

役職ごとの権限設定

Zoho CRMは役職に応じてデータ閲覧の権限を設定できます。 担当者・マネージャーなど、役職ごとに閲覧権限を設定し、組織図の構成のようにCRM内で権限階層を設定できます。

自社のビジネスモデルにあった権限コントロールを

組織階層またはレポートラインの2方法よりアクセスコントロールの設定を選択できます。

データ単位での共有

ユーザーにデータを個別に共有したり、複数のデータを一括して共有することも可能です。

操作権限のコントロール

各メンバーの役職に応じて、顧客情報を削除・エクスポートするなど付与する権限をコントロールできます。

表示項目のコントロール

顧客の銀行口座の詳細情報など、機密性の高い情報を閲覧できる権限をコントロールすることが可能です。

業務時間の管理

各ユーザーの勤務曜日、時間を設定することが可能です。勤務時間に応じて最大30のシフトを作成し、タスクを割り当てられます。

共有権限の設定

他の役職・グループのメンバーへデータへ読み取り専用、編集権限などの共有方法を指定しアクセス権限を付与することも可能です。

グループ設定

営業チームを取扱商品や対応エリアなどのグループに分類し、データの共有範囲をコントロールできます。