1つのCRMであらゆる営業スタイルに対応

ビジネスがそれぞれ異なるように、それぞれのプロセスも営業も異なります。各営業プロセスに、貴社の営業スタイルに合った個別のレイアウトを使用してCRMを整理しましょう。

あらゆるプロセスのレイアウト

単独のCRMシステムから、複数の製品、地域、またはプロセスの売上を管理できます。ページのレイアウトは、営業担当者がカスタマイズされたデータを表示してデータにアクセスし、ワークフローを作成して独立して作業できるように設定されています。フィールド、リンク、ボタンなど、各プロセスでレイアウトをデザインするために必要なすべてが揃っています。

条件フィールドでシンプルな作業 

組織に複数の製品がある場合、製品内の全機能のすべての仕様を紹介することが困難なことがあります。Zoho CRMの条件フィールドでは、フォームの入力がかんたんです。ユーザーは選択したフィールドだけに入力するため、営業チームは迅速にシンプルに作業できます。

正しいデータをCRMに入力

CRMデータの品質は効率に直接影響します。業界と貴社の特有のニーズに合った複数の条件で確認し、CRMに正しい情報が入力されるようにします。

フォーム内にフォームを入れてより詳細な情報

フォームは顧客情報を取得するために必要です。しかし、特に多くの詳細を入力する必要がある場合には基本的なフォームでは不十分です。主な製品にアクセサリを追加する場合など、サブフォームを使用して複数のアイテムを1つの顧客に関連付けます。また、数量と累積の関数を追加し、該当するすべての情報が1つのレコードにまとめられるようにします。

データを関連付けして正しい前後関係

前後関係が分からなければ、データにはあまり意味がありません。そして多くの場合、CRMのデータは複数のモジュールに広がっています。モジュール間でレコードをリンクすれば、より多くの前後関係の情報が得られます。キャンペーンをリードに関連付けしたり、連絡先をアカウントに関連付けしたり、その反対に関連付けすることもできます。

カスタマイズ可能なコンポーネントを使用し、CRMの可能性を広げましょう

カスタムのモジュール、フィールド、ボタンを見る