leadcorrection

Zoho CRMのリード情報の収集と分類機能

Zoho CRMは、マーケティング活動によって獲得したリード情報を収集します。また、獲得したリード情報を商品やエリア、興味関心レベルなどに応じて分類することで、ナーチャリング(顧客育成)アプローチを適切かつ直ちに開始できます。

Zoho CRMのリード情
報の収集と分類機能の
メリット

  •  

    リード情報を自動でCRMに収集

  •  

    優先的にアプローチすべきリード情報の抽出

  •  

    リード情報収集後直ちにアプローチを開始

  •  

    オンラインの活動状況を自動で収集し、スコアリング

  • リード情報の収集機能

    氏名、会社名、住所、電話番号、メールアドレスはもちろん、興味のある商品や予算など、CRMに登録したいリード情報をあらかじめ入力項目として設置しておき、情報をタイムレスに登録していきましょう。CRMにリード情報を登録する方法には、「手動登録」「自動登録」「インポート」の3つがあります。

     

    手動登録機能

    画面右上の「+」アイコンをクリックし、リード情報を手動で登録することができます。この手動登録では、自分でリード情報を始めからすべて入力することも、すでに登録されているリード情報をコピーし、新しいリード情報を作成する際に編集することも可能です。この時、あらかじめ重複確認を必要とする項目にメールアドレスなどを設定しておくと、リード情報が重複して登録されるのを防止できます。

     

    自動登録機能

    サイトに設置されたWebフォームやご利用中の他サービスに登録されたリード情報などをCRMに自動的に取り込むことが可能です。顧客が自身で記載したリード情報はもちろん、リードの獲得経路や問い合わせ商品など、データの登録経路をもとに自動的に収集した情報も登録することもできます。

     

    インポート機能

    展示会やリード情報リストの購入など、一度に大量のリード情報を獲得した場合は、インポート機能を活用すると便利です。Zoho CRMではスプレッドシートにリード情報を記載し、行ごとにリード情報として登録することが可能です。

     
  • リード情報の分類機能

    獲得したリード情報は、適切なナーチャリング(育成)アプローチを実施できるよう分類しておく必要があります。Zoho CRMでは、「顧客属性」と「興味関心レベル」の2つの評価軸で分類すれば、この2つの評価をもとに「スコアリング」を実施したり、優先的にアプローチしたいリードリストを抽出できるようになります。

     

    顧客属性による分類機能

    企業規模や業種、エリアなどに応じたアプローチを実施したい場合は、ビュー機能を活用します。Zoho CRMに登録されているすべてのリード情報から条件に応じたリストを抽出するビューを作成できます。また、ビューとして抽出されたリストに対してメールによるアプローチを実施したり、キャンペーンの対象リストとして管理し、効果測定を実施することも可能です。

     

    興味関心レベルによる分類機能

    Zoho CRMでは、リードの基礎情報に興味関心レベルを判別する情報を記録することができます。メールへの反応やWebページへのアクセス状況など、オンラインでの行動履歴をCRMに記録し、興味関心レベルを判別できます

     

    スコアリングによる優先リストの抽出機能

    効率的に営業活動を行うためには、受注確定度の高いリード情報に対して優先的にアプローチを実施する仕組みが重要です。優先度の高いリード情報を識別する手法の一つとしてZoho CRMではスコアリングの手法を活用できます。上述の顧客の属性や興味関心レベルに対してスコアを設定し、一定スコア以上のリードをリストアップし、優先的にアプローチを実施できます。

     
×

自動化だけでは時代遅れ!
マーケティングオートメーションの将来像とは

資料ダウンロードのお申し込みはこちら

フォーム送信完了

資料をダウンロードいただき
ありがとうございます

閉じる