効果的なリード管理で売上を促進

リードを潜在的購入者にコンバージョンできるかどうかは、効果的なコミュニケーションと対応によって決まります。リード生成からスコア、そしてコンバージョンまで、Zoho CRMは、適切なフォローアップを実施し、営業パイプライン内でリードを前進させます。

  • スマートなフォームでリードを生む

    WordPress、Unbounce、Joomla、その他のコンテンツ管理システムでホストされているランディングページで、かんたんにリードを生み出しましょう。

    詳細はこちら
  • トレードショーからのリード獲得

    リードアプリを使用して名刺やQRコードをスキャンし、新しい連絡先情報を即座にCRMに取り込みましょう。

    詳細はこちら
  • Webサイトの訪問者をリードにコンバージョン

    チャットウィンドウでWebサイトの訪問者と会話し、その訪問者をリードに変えましょう。

    詳細はこちら
  • ソーシャルメディアでリードを発掘

    Twitter、Facebook、Google+で貴社ブランドに関する会話をフォローしましょう。潜在顧客の動向を確認し、[ソーシャル]タブからリアルタイムで潜在顧客と対話できます。

    詳細はこちら
  • Webフォーム
  • リードアプリ
  • ライブチャット
  • ソーシャル

リードを自動的に割り当て

事前にワークフロールールを設定することで、場所や製品、または部門に基づいて、最適な営業担当者にリードを自動的に割り当てられます。すべての営業担当者に等しく配分し、後でフォローアップすることもできます。リードを逃さないよう、顧客との対話方法を誤らないようにしましょう。

スコアルールでリード管理を効率化

毎日多数のリードに対応していると、どのリードに集中すべきかの判断が難しくなります。Zoho CRMのスコアルールでは、正と負のスコアでリードの優先順を表示できるため、どのリードに集中すべきかをかんたんに判断できます。ルールは個々に設定することも、組み合わせることもできます。特定の業界からのリードを優先したい場合や、トレードショーからのリードの可能性が高い場合には、それらのリードに高いスコアを付けます。

scoring-rules

自由な方法でリードにランク付け

メールの開封、アンケートへの回答、バウンスされたキャンペーンなど、顧客の行動履歴からリードの優先順位を判断できます。メール、電話、アンケート、ソーシャルメディアのアクティビティで、リードの関心度を判断しましょう。返信したリードには正のスコアを、そして返信しなかったリードには負のスコアを付けます。

リードを取引にコンバージョン

リードに貴社の製品やサービスを購入する意思がある場合には、一度のクリックでリードを取引にコンバージョンできます。コンバージョン時には、フォローアップタスクも作成されます。

マーケティングの効果を測定

さまざまなマーケティング方法からのリードの投資対効果(ROI)を追跡しましょう。コンバージョン率や取引当たりの費用などの主要な評価指標から、キャンペーンを改善する方法を判断できます。より多くのリードをもたらすマーケティング方法、そして改善が必要なマーケティング方法をチームで判断しましょう。