Asterisk、Avaya、AsoltixとのZoho CRM連携

Asterisk、Avaya、AsoltixとのZoho CRM連携

Avaya、Asterisk、ElastixのPBXシステムごとに対応するアダプターをダウンロードして、Zoho CRMと連携させる必要があります。サポートされているPBXシステムは、Asterisk 1.4、Avaya、Elastix 1.6です。

システム要件

  • Linuxオペレーティングシステム。オペレーティングシステムとPBXシステムの両方が、同じローカルネットワークで実行されている必要があります。
  • Zoho電話連携アダプターをインストールするシステムには、JDK 1.7.xがインストールされている必要があります。

AsteriskをダウンロードしてZoho CRMと連携

Asterisk用のZoho電話連携をダウンロードして設定するには

  1. [設定] > [チャネル] > [電話連携]に移動してください。
  2. [Zoho電話連携]ページで、ドロップダウンリストから電話連携プロバイダーとして[Asterisk]を選択してください。
  3. [PBXアダプターをダウンロード]セクションでAsterisk 1.4アダプターをクリックしてダウンロードしてください。
  4. .zipファイルを展開し、PBXアダプターを実行させるマシンに保存してください。
  5. 「Zoho/ztiadapter/conf/zti.properties」ファイルを編集して、電話連携トークンを設定してください。
  6. 「Zoho/ztiadapter/teleadapters/asterisk14/conf/asterisk14.properties」ファイルを編集して、PBXの詳細を設定してください。
  7. zoho/ztiadapter/binディレクトリー内で、nohup sh run.sh &コマンドを実行してください。
    Asterisk用のZoho電話連携サービスが開始されます。

AvayaをダウンロードしてZoho CRMと連携

Avaya用のZoho電話連携をダウンロードして設定するには

  1. [設定] > [チャネル] > [電話連携]に移動してください。
  2. [Zoho電話連携]ページで、ドロップダウンリストから電話連携プロバイダーとして[Avaya]を選択してください。
  3. [PBXアダプターをダウンロード]セクションでAvayaアダプターをクリックしてダウンロードしてください。
  4. .zipファイルを展開し、PBXアダプターを実行させるマシンに保存してください。
  5. Avayaサイトからjtapi-sdk-5.2.0.454.zipファイルをダウンロードしてください。
    URL:http://www.devconnectprogram.com/fileMedia/download/e826f3e3-c48c-4cd5-b07e-d7e5df2c0e8a
    ファイルをダウンロードするには、Avaya DevConnectにサインインする必要があります。
  6. このzipファイルを展開し、jtapi-sdk-5.2.0.454/lib/ecsjtapia.jarファイルを「Zoho/ztiadapter/teleadapters/avaya/lib/」フォルダーにコピーしてください。
  7. 「Zoho/ztiadapter/conf/zti.properties」ファイルを編集して、電話連携トークンを設定してください。電話連携トークンの生成も参照してください(生成されるトークンは、このpropertiesファイルの「authtoken」変数で設定する必要があります)。
  8. 「Zoho/ztiadapter/teleadapters/avaya/conf/avaya.properties」ファイルを編集して、PBXの詳細を設定します(このpropertiesファイルでは、変数avaya.server、avaya.m.manager.username、avaya.manager.passwordにそれぞれAvaya AESサーバーのIPアドレス、AESユーザー名、AESパスワードを指定する必要があります)。
  9. コマンド確認またはコンソールから、zoho/ztiadapter/binディレクトリーに移動してください。run.shファイルがこのディレクトリーで使用可能であることを確認してください。
  10. zoho/ztiadapter/binディレクトリー内で、nohup sh run.sh &コマンドを実行して、アダプターを開始してください。Avaya用のZoho電話連携サービスが開始されます。

ElastixをダウンロードしてZoho CRMと連携

Elastix用のZoho電話連携をダウンロードして設定するには

  1. [設定] > [チャネル] > [電話連携]に移動してください。
  2. [Zoho電話連携]ページで、ドロップダウンリストから電話連携プロバイダとして[Elastix]を選択してください。
  3. [PBXアダプターをダウンロード]セクションでElastix 1.6アダプターをクリックしてダウンロードしてください。
  4. .zipファイルを展開し、PBXアダプターを実行させるマシンに保存してください。
  5. 「Zoho/ztiadapter/conf/zti.properties」ファイルを編集して、電話連携トークンを設定してください。
  6. 「Zoho/ztiadapter/teleadapters/elastix16/conf/elastix16.properties」ファイルを編集して、PBXの詳細を設定してください。
  7. zoho/ztiadapter/binディレクトリー内で、nohup sh run.sh &コマンドを実行してください。
    Elastix用のZoho電話連携サービスが開始されます。

電話連携グループの作成

組織にZoho電話連携を実装するには、Zoho電話連携グループを作成し、ユーザーをグループに追加する必要があります。PBXシステムごとに個別のグループを作成する必要があります。各グループはあるユーザーに関連付ける必要があります。このユーザーが特定のZoho電話連携グループのグループの代表ユーザーになります。

PBXダイヤルコード形式

シナリオ1

長距離電話をかける前に「1000」をダイヤルし、市内電話をかける前に「9」をダイヤルする必要がある場合、入力するPBXダイヤルコードは「LONGDIS:1000;LOCAL:9」になります。

シナリオ2

営業グループが地域(ヨーロッパ、アフリカなど)別に分割されています。ヨーロッパ地域への発信前にダイヤルする番号は1500、アフリカの場合は00です。PBXダイヤルコードは、「EUROPE:1500;AFRICA:00」のように指定してください。

注:

  • DESTINATIONの値はユーザーの参照専用であり、任意のテキストを含めることができます。

Zoho電話連携グループを作成するには

  1. 管理者権限でZoho CRMにサインインしてください。
  2. [設定] > [チャネル] > [電話連携]に移動してください。
  3. [Zoho電話連携]ページで、必要な電話連携プロバイダ(Avaya、Asterisk、またはElastix)を選択し、[続ける]をクリックしてください。
  4. [Zoho電話連携グループの設定]ページで、詳細を指定してください(次の表を参照)。
  5. [保存]をクリックしてください。

重要事項

  • PBXシステムごとに個別のZoho電話連携グループを作成する必要があります。
  • CRMアカウントには、任意の数のZoho電話連携グループを作成できます。
  • グループの代表ユーザーには、標準ユーザーまたは管理者権限を持つユーザーを指定できます。

Zoho電話連携用のZohoの標準項目(オンプレミスPBX)

項目詳細項目の種類
電話連携名Zoho電話連携グループの名前を入力してください。テキストボックス
グループの代表ユーザーリストからユーザーを選択してください。選択リスト
CRMグループの関連付けZoho電話連携グループに関連付ける既存のCRMグループを選択してください。選択したCRMグループのすべてのユーザーは、Zoho電話連携ライセンスが有効になっている場合に、Zoho電話連携グループに属します。
 

注:CRMグループ作成機能はエンタープライズプランでのみ使用できます。プロフェッショナルプランと無料プランの場合、この項目値は「なし」と表示されます。

選択リスト
PBXの種類リストからPBXシステムの種類を選択してください。サポートされているPBXシステムは、Asterisk 1.6、Avaya、Elastix 1.4です。選択リスト
PBXダイヤルコードPBXシステムのPBXダイヤルコードを指定してください。
これは、発信通話時に電話番号に追加される接頭辞です。この後に続くパターンは、「DESTINATION:CODE」です。例については、「PBXダイヤルコード形式」を参照してください。
テキストボックス
ユーザー名Zoho電話連携グループに追加するユーザーを選択してください。[グループのユーザーの追加]をクリックして、ユーザーを追加できます。選択リスト
ユーザーの内線番号ユーザーのPBX内線番号を指定してください。テキストボックス
デフォルトに設定ユーザーのPBX内線番号を発信通話時のデフォルト番号と見なす必要がある場合は、この項目を有効にしてください。これは、ユーザーが複数のZoho電話連携グループに属している場合に便利です。

次のシナリオを考えてみましょう。
ユーザー1は、2つの電話連携グループXとYに属していています。このユーザーに対して電話連携グループで指定された内線番号はそれぞれ「1234」と「5678」です。すべての発信通話を内線番号「1234」から行う必要がある場合、電話連携グループAのユーザー1の内線番号に対し、[デフォルトとして設定しますか?]項目を選択する必要があります。
チェックボックス
デフォルトのダイヤルコード

発信通話のデフォルトのダイヤルコードオプションを選択してください。このリストには、[PBXの局番]項目で指定されたオプションが表示されます。選択されたオプションは、Zoho CRMからのダイヤル前に連絡先の電話番号の接頭辞になります。

  • 「接頭辞なし」を選択すると、連絡先のデータで指定されたとおりに電話番号がダイヤルされます。
  • 「なし」を選択すると、発信通話の前にPBXダイヤルコードを選択できます。使用可能なオプションを含むポップアップ画面が表示されます。
選択リスト

よくある質問

1. Zoho電話連携でサポートされているPBXシステムは何ですか?

2. 電話連携トークンを生成できないのはなぜですか?

3. 複数の電話連携グループでグループの代表ユーザーになることはできますか。

この記事をシェアする : FacebookTwitter

必要な情報は見つかりましたか?

メールお問い合わせ窓口: support@zohocrm.com