CRMヘルプの概要

Zoho CRMの使用

Zoho CRMは、すべてのお客さまとの関係を効果的に管理し、見込み客を創出し、役立つ情報を収集し、お客さまとの関係を維持しながらシームレスな顧客体験を提供できるよう、支援します。

これにより、営業プロセスの管理を強化できます。ビジネスでは、目標を設定し、目標に近づくための適切なツールを活用します。そして、お客さまに満足してもらえたとき、その目標が達成されます。Zoho CRMを使用することで、ビジョンを作成し、お客さまとの関係を強化して、自信を持って商談を受注することができます。

パイプラインの管理

営業パイプラインとは
営業パイプラインとは、営業担当者が行う体系的なアプローチです。商談先の顧客との最初の連絡から始まり、商談の受注で完了します。パイプラインを利用することで、固定客を管理し、秩序立った方法で営業活動ができます。

競合他社の一歩先を行くには、よく整備された営業パイプラインが必要です。Zoho CRMは、見込み客、取引先、連絡先、商談、活動などのパイプラインを管理するタブを用意しており、営業機会を追跡して、商談を効果的に受注できるよう支援します。 

カスタマイズ

事業の成長に応じて、変化し始めることが必要で、CRMはその変化に対応できるはずです。Zoho CRMは高度なカスタマイズが可能で、さまざまなビジネスニーズを持つユーザーがかんたんに適応できます。具体的には、タブ、ページのレイアウト、項目、入力規則、テンプレートなどの、カスタマイズ可能なすべての機能を利用することで、Zoho CRMを独自のものにカスタマイズできます。

マルチチャネルのコミュニケーション

コミュニケーションはお客さまとの間のギャップを埋めるために重要ですが、近年コミュニケーションの幅が大きく広がりました。お客さまとのすべてのやり取りが1つのウィンドウで見られる機能があれば、どれだけ便利か想像してみてください。メール、Facebook、チャット、通話、Twitter、またはお客様が作成したサポートの問い合わせなど、すべてのコミュニケーションをCRMに表示することで、フォローアップを1か所で集中管理できます。

場合によっては、お客さまがそのCRMにアクセスする必要があるかもしれません。ポータルを使用して、お客さまに特定のタブや関連付けられたデータへのアクセスを許可することができます。  

Zia - 人工知能(AI) 

Zohoの組み込みAI(人工知能)であるZiaは、CRM内のデータを分析し、営業活動の結果を予測します。データについてZiaとチャットでき、Ziaはテキストまたは連携チャットで回答します。Ziaはまた、確度が高い見込み客や、機会を逃しそうな見込み客を指摘することで、営業活動もサポートします。また、応答を得られる最適な通話時間に基づき、特定のお客さまに連絡する最適な日時を提案することもできます。

共同作業と生産性

Zoho CRMの文書ライブラリーを使用すると、請求書や報告書などの重要な文書を同僚と共有できます。ライブラリーは、チームがデータにアクセスするための一元管理された保管場所として機能します。また、プロジェクトを作成して連絡先に割り当てたり、同僚とチャットしたり、フィードを使用してチームに最新の情報を伝えたりできます。 

この記事をシェアする : FacebookTwitter

必要な情報は見つかりましたか?

メールお問い合わせ窓口: support@zohocrm.com