数式項目の作成

数式項目

Zoho CRMの数式項目では、他の標準項目やカスタム項目から返された値に基づいて、動的に計算されたデータを自動入力する項目を定義できます。たとえば、保険会社は、(保険契約者が)入力した生年月日によって、現在の年齢に基づいてその人が保険契約を保持する資格があるかどうかを判断する場合があります。

利用条件

必要な権限:この機能にアクセスできるのは、権限設定で項目レベルのアクセス権限を持つユーザーです。

 

数式項目は、関数引数演算子の3つの要素で構成されます。

関数は、2つの数(1つは入力、もう1つは出力)の依存関係を表します。つまり関数は、入力された値に対して特定の演算を実行して、新しい値を生成します。関数を作成するには、関数名と、それに続けて、関数を実行するための情報を一対の括弧で囲んで入力する必要があります。括弧内の値は、引数と呼ばれます。

:Abs(); Ceil(); Timepart()

引数は、関数内の情報であり、実行または生成する値を入力するものです。引数は、「(引数1, 引数2, など)」のように括弧内に示され、コンマで区切られます。関数の引数のタイプとしては、jテキスト、数字、項目参照のほか、他の関数が使用される場合もあります。

:Abs(-27.05); Max(12,6,10)

演算子は、「+」や「%」などの特殊記号であり、数式の引数(リテラル、数字、項目参照)を操作して、新しい値を返します。

:Abs(+27.50); (32*25)

注:

  • 数式項目は、関与する項目のいずれかのデータが更新された場合にのみ一括更新できます。

この記事をシェアする : FacebookTwitter

必要な情報は見つかりましたか?

メールお問い合わせ窓口: support@zohocrm.com