Zoho CRM ヘルプ

営業時間の設定

組織内のサポート担当者は、異なるタイムゾーンのシフト時間で働くことがあります。日本オフィスのサポート担当者と、インドオフィスのサポート担当者では、業務時間帯が異なります。Zoho CRMでは、タイムゾーンが異なる複数のシフト時間時間を設定できます。

たとえば、組織が米国にあるケースでは、営業時間は米国時間帯の午前9時から午後5時です。現在、この組織がヨーロッパ、日本、インドなどの他の国でサービスを展開している場合は、これらの特定のタイムゾーンに対応して、シフト時間時間を作成できます。同様に、組織の従業員が異なるタイミング(午後のシフト時間、朝のシフト時間)で作業する場合、作業タイミングのシフト時間を作成できます。さらに、異なる場所での祝日の一覧を作成して、それをシフト時間時間に関連付けることもできます。

利用可能なプラン

必要な権限: 管理者権限を持つユーザーがこの機能を利用できます。

機能無料スタンダードプロフェッショナルエンタープライズ
営業時間

営業時間の設定

組織の勤務時間を、「営業時間」で定義できます。組織の勤務時間に応じて、週5日24時間や、年中無休24時間などを営業時間として設定できます。さらに、組織の週、日におけるビジネス要件に合わせて、営業時間をカスタマイズすることができます。

営業時間を設定するには、

  1. 設定 > 組織情報 > 営業時間をクリックしてください
  2. 組織の営業時間ページで、新しい営業時間の設定をクリックしてください。
  3. 次のリストから営業時間を選択します。
    a) 24時間×7日間 - 会社が24時間365日営業している場合は、このオプションを選択します。 b) 24時間×5日間 - 会社が週5日24時間営業している場合は、このオプションを選択します。

    c) カスタム時間 - 営業日や営業時間をカスタマイズしたい場合は、こちらのオプションを選択します。
    • 毎日同じ時間帯 - 組織の営業時間が、毎日同じである場合はこのオプションを選択し、ドロップダウンリストからタイミングを選択します。
    • 毎日違う時間帯- 組織の営業時間が毎日変化する場合は、このオプションを選択し、ドロップダウンリストからタイミングを選択します。
  4. 保存をクリックします。

注:

  • 営業時間をカスタマイズするとき、営業タイミングが24時間の場合は、毎日同じ時間と、毎日異なる時間両方に選択できます。
  • 営業時間を設定するときに、週が始まる特定の日を選択することができます。選択した日にもとづいて、次週、今週、前週のデータが、レポートスマートフィルター各種基準のために抽出されます。

シフト時間の作成とユーザーへの割り当て

さまざまなタイムゾーンや異なるタイミングで作業するユーザーに対して、シフト時間を作成できます。たとえば、ユーザーが、米国に拠点を置くクライアントを対応する場合、米国のタイムゾーンのシフト時間を作成して、ユーザーに割り当てることができます。また、ビジネス上の緊急性に応じて、別のシフト時間にユーザーを移行することもできます。ユーザーの移行は、のちに移行するように予約することもできます。その場合、6か月後までの任意の日付を選択できます。

A) シフト時間の作成:

  1. 設定> 組織情報 > 営業時間をクリックしてください。
  2. シフト時間の作成をクリックしてください。
  3. シフト時間の作成ページで、シフト時間名を入力します。
  4. ドロップダウンリストからタイムゾーンを選択します。
  5. シフト時間時間では、
    a) 毎日同じ時間 - シフト時間時間が毎日同じ場合は、このオプションを選択し、ドロップダウンリストからタイミングを選択します。
    b) 毎日異なる時間 - シフト時間時間が毎日変化する場合は、このオプションを選択し、ドロップダウンリストからタイミングを選択します。
  6. 保存をクリックします。

B) シフト時間の割り当て

  1. 割り当てをクリック > ドロップダウンリストからユーザーを選択します。
  2. 完了 > 保存をクリックします。

注:

  • 組織内で最大30のシフト時間を作成できます。
  • シフト時間のタイミングが営業時間内に収まらないように編集すると、それに応じてシフト時間時間を編集するよう警告通知されます。

祝日の一覧の作成

Zoho CRMでは、所在位置に合わせて祝日の一覧を作成できます。それぞれのシフト時間は、年ごとに単一の祝日の一覧に関連付けることができます。今年、または今後の年の祝日の一覧が作成できます。

A) 祝日の一覧を作成するには、

  1. 設定> 組織情報> 祝日をクリックしてください。
  2. 祝日の詳細で、リストを作成するをクリックします。
  3. シフト時間に適用するで,ドロップダウンリストからシフト時間を選択します。
    (このオプションは、すでにシフト時間を作成している場合にのみ表示されます。)
  4. 年度の選択のドロップダウンリストから年度を選択します。
  5. 祝日名を入力し、祝日 でカレンダーから日付を選びます。
    (+アイコンをクリックすると、さらに祝日を追加できます。)
  6. 保存をクリックします。

注:

シフト時間を作成する前に、祝日の一覧を作成すると、祝日の一覧が後で作成されるすべてのシフト時間に、デフォルトで適用されます。

B) 祝日の一覧を編集するには、

  1. 祝日の詳細ページから、祝日の一覧を編集します。
  2. 一覧の編集をクリックします。
  3. 祝日の追加/削除、または、既存の祝日の詳細を編集します。
  4. 保存をクリックします。

カレンダーで対応不可時間を設定

ユーザーは、Zoho CRMカレンダーで特定の時間帯に、自分自身を対応不可に設定できます。これにより、その時間に予定が作成された場合には、該当ユーザーが対応できないことを予定を作成したユーザーに警告します。

対応不可時間を設定するには、

  1. トップパネルにあるカレンダーアイコンをクリックします。
  2. 日付をクリック > 作成をクリックします。
    もしくは、特定の日付を右クリックします。
  3. 対応不可とマークをクリックします。
  4. ポップアップから、日付と時間選択します。
  5. 必要に応じてコメントを入力します。
  6. 保存をクリックします。

注:

プライベート予定が他のソース(Googleカレンダー同期)からインポートされると、その予定はCRMカレンダー上では、「対応不可」な予定として作成されます。

営業時間の影響範囲

予定の割り当て

ユーザーが対応可能かどうかにもとづいて、予定を割り当てることができます。対応不可であるとマークされた日、または、ユーザーの営業日でない日に予定が割り当てられた場合は、その予定を別の日に再設定するように警告されます。ユーザーが対応可能かどうかにかかわらず、予定のスケジュールを変更すしたり、予定自体を再設定できます。

繰り返し予定の期日の設定

組織に予定が繰り返される場合、週末/休日/休業日をスキップできます。毎日の予定は、週末と祝日をスキップします。毎月、毎年の繰り返し予定は、ユーザーが非営業日と指定した日をスキップします。

繰り返し予定の設定、

  1. 繰り返しの種類をドロップダウンリストから選び、以下を行います:
    a) 毎日 - 週末と祝日を除くをクリックします。
    b) カスタム - 毎月 / 毎年をドロップダウンリストから選びます。
    c) 選択した日が営業日でない場合は、翌営業日に予定を再設定します。のクリックボックスにチェックを入れます。
  2. 完了をクリックします。

繰り返しタスクの期日を設定

タスクが繰り返される場合、週末/休日/休業日をスキップできます。毎月、毎年の繰り返しタスクは、ユーザーが非営業日と指定した日をスキップします。

タスクを繰り返すには、

  1.  繰り返しの種類 をドロップダウンリストから選び、以下を行います:
    a) 毎日 -  週末と祝日を除くをクリックします。
    b) カスタム - Select 毎月 / 毎年 をドロップダウンリストから選びます。
    c)  選択した日が営業日でない場合は、翌営業日に期日を設定します。のクリックボックスにチェックを入れます。
  2.  完了をクリックします。

ワークフロールール

日付/時間基準の自動実行条件:

ワークフロールールを設定して、 "n"営業日/時間前または後のいずれかに、自動実行条件を設定できます。ユーザーの非営業日はスキップされます。

日付/時刻の選択は、

  1. ワークフロールールに移動し、ルール基準 > このルールをいつ実行しますか?から
  2. 日付/日時を選択します。
  3. 実行の項目では、日/時間につき何回を設定します。
  4. 営業時間) / 営業日)をドロップダウンリストから選択します。
  5. 次へをクリックします。

すぐに実行する処理

すぐに実行する処理としてタスクを作成する時、期日を選択できます。非営業日はスキップされます。

非営業日をスキップするには、

  1. すぐに実行する処理からタスクを選択します。
  2. タスクの割り当てのポップアップから、営業日) をドロップダウンリストから選択します。

時間基準の処理

"n"営業日/時間後に、アクションの自動実行条件を設定できます。ユーザーの非営業日はスキップされます。

非営業日をスキップするには、

  1. 時間基準の処理をクリックします。
  2. 「実行」項目で日にちの数を入力します。
  3. 営業時間)/ 営業日)をドロップダウンリストから選択します。 

ブループリント内のタスク

ブループリントでタスクを定義する際に、ユーザーの休業日をスキップして、ユーザーが対応可能なときに期日がスケジュールされるようにすることができます。

タスクの期日の設定:

  1. ブループリントの移行 > 次の後をクリックします。
  2. タスクを選択し,タスクの期限で日にちの数を入力します。
  3. 営業日をドロップダウンリストから選びます。
  4. 保存をクリックします。

Share this post : FacebookTwitter

Still can't find what you're looking for?

Write to us: support@zohocrm.com