監査ログの確認

監査ログの確認

監査ログは、Zoho CRMのユーザーが実行した操作履歴を時系列順に一覧で表示したものです。監査ログは、予定の前後に発生したことを判断したり、特定の予定に関連付けられたデータを識別したりする場合に役立ちます。

利用条件

必要な権限:監査ログ機能には、管理者権限を持つユーザーがアクセスできます。

 

監査ログ機能では、タブで実行される次の操作が表示されます。

タブ実行された操作
  • 見込み客
  • 取引先
  • 連絡先
  • 商談
  • 活動
    (タスク、予定、通話)
  • データの追加、更新、削除
  • 一括更新と一括削除
  • データのインポートとエクスポート
  • 見込み客の変換
  • ごみ箱からの削除
  • 取り消し
  • 削除したデータの復元
  • データの一括復元
  • 重複の検索と統合
  • 重複データの一括検索と統合
  • 見込み客の変換の関連付け
  • キャンペーン
  • ソリューション
  • 仕入先
  • 見積書
  • 受注書
  • 発注書
  • 請求書
  • データの削除
  • 問い合わせ
  • 価格表
  • データの削除
  • データのインポートとエクスポート

監査ログ機能では、設定で実行される次の操作が表示されます。

機能実行された操作
  • メールのテンプレートとフォルダー
  • 各種書類のテンプレートとフォルダー
  • 差し込み文書のテンプレートとフォルダー
  • 自動メール送信のルール
  • 自動メール送信のルールの項目
  • ワークフローのルール
  • ワークフローの通知
  • ワークフローのタスク
  • ワークフローの項目の更新
  • ワークフローのフォローアップ
  • Web通知
  • 問い合わせのエスカレーションのルール
  • 問い合わせのエスカレーションのルールの項目
  • Webフォーム(見込み客、連絡先、問い合わせ)
  • 営業時間
  • 役職、権限、グループ
  • レポートとレポートのフォルダー
  • 割り当てルール
  • 割り当てルールの項目
  • Webタブ
  • 作成
  • 削除
  • 編集
  • ユーザー数
  • 追加
  • 詳細の編集
  • 自動メール送信のルールのステータス
  • 問い合わせのエスカレーションのルールのステータス
  • Webフォームのステータス
  • 有効化
  • 無効化
  • 項目の依存関係の関連付け
  • 作成
  • 編集
  • メインの管理者
  • 編集

監査ログの表示

監査ログには、組織内のユーザーがCRMアカウントを使用して実行した活動が表示されます。管理者権限またはCEOの役割を持つユーザーは、監査ログにアクセスできます。一方、他のユーザーは自分と直属の部下の監査ログのみ表示できます。

監査ログを表示するには

  1. Zoho CRMアカウントにサインインしてください。
  2. [設定]>[データ管理]>[監査ログ]に移動してください。
    [監査ログ]ページには、過去60日間にすべてのユーザーが実行したすべての操作が表示されます。

監査ログの詳細

監査ログは膨大で、特定の詳細情報を探している場合、データの選別は大変な作業になります。たとえば、特定のユーザーが追加したデータのみ表示したり、過去7日間に実行された操作の一覧を表示したりする場合、膨大な一覧から該当するデータを見つけることはかんたんではありません。このような場合、提供されているフィルターのオプションを使用して、目的のデータを絞り込むことができます。

[監査ログ]ページのデータを抽出するには

  1. [項目]を選択し、その項目に対して実行された操作の履歴を表示できます。次のいずれか1つを選択できます。
    • 特定のタブを選択して、そのタブで実行された操作の履歴のみ表示できます。たとえば[見込み客]などです。
    • [設定]を選択して、設定に関連するすべての操作の履歴のみ表示できます。
    • [すべての項目]を選択すると、すべてのタブで実行された操作と、設定に関連する操作の履歴を表示できます。
  2. [ユーザー]を選択すると、特定のユーザーが実行した操作の履歴を表示できます。次のいずれか1つを実行できます。
    • 特定のユーザーを選択すると、そのユーザーが実行した操作の履歴のみ表示できます。
    • [すべてのユーザー]を選択すると、組織内のすべてのユーザーが実行したすべての操作の履歴を表示できます。
  3. [操作]を選択して、データに対して実行された操作に基づくデータを抽出してください。
    • 追加更新削除から、要件に応じて操作を選択してください。
    • [すべての操作]を選択すると、3種類の操作すべての履歴が表示されます。
  4. [時間]を選択すると、選択した時間枠の中で実行された操作の履歴を表示できます。次のオプションから選択してください。
    • すべての期間
    • 今日
    • 過去7日間
    • 過去30日間
    • 特定の日付(過去60日以内)
    • 日付の範囲(過去60日以内)

たとえば、過去7日間に[見込み客]タブで特定のユーザーが追加したデータをすべて表示する場合

  • [項目][見込み客]を選択してください。
  • 目的のユーザーを選択してください。
  • [操作][追加しました]を選択してください。
  • [時間][過去7日間]を選択してください。

上記のフィルターに従い、監査ログが表示されます。

注:

  • ユーザーは自分と部下の監査ログのみ表示できます。
  • 管理者は部下のログを表示でき、CEOはすべてのユーザーのログを表示できる権限を持っています。
 監査ログのエクスポート

ワークフローのルールの監査ログ

監査ログ内の、ワークフローのルールに対して実行されたすべての更新の詳細を表示できます。作成、編集、更新、削除、変更、ルールのロック、処理の追加など、ワークフローで実行されたすべての処理が、更新の詳細とともに表示されます。また、[ビューの変更]をクリックして、実行条件への変更も表示できます。 

監査ログのエクスポート

監査ログのデータを、CSV形式でエクスポートできます。

監査ログのデータをエクスポートするには

  1. 管理者権限でZoho CRMにサインインしてください。
  2. [設定]>[データ管理]>[監査ログ]に移動してください。
  3. [監査ログ]ページで、[監査ログのエクスポート]をクリックしてください。
    データは、.csv形式でエクスポートされます。

この記事をシェアする : FacebookTwitter

必要な情報は見つかりましたか?

メールお問い合わせ窓口: support@zohocrm.com