Google AdWordsへの投資効果を測定

Google AdWords用Zoho CRMなら、オンライン広告キャンペーンが生み出す実際の収益についての全体像を把握することができます。お客様が最初にクリックしたときから営業担当者が取引を成立させるまで、全体を通じて広告費用をCRM内で監視できるため、どの広告に効果があり、どの広告に効果がないかを判断できます。

正しいキーワードに焦点を当てる

Zoho CRMは、営業データをGoogle AdWords費用と統合するため、どのキーワードがより多くの質の高いリードを生み出すかが分かります。最良のリードに焦点を当て、重要な対象に広告予算を充てて、投資利益率を上げましょう。

セールストークの調整

リードがあなたのWebサイトにくる理由が分かれば、その知識を活用してセールストークを向上させることができます。Zoho CRMでは、営業担当者は、お客様がどの広告をクリックしたか、あなたのWebサイトを探すためにどのキーワードを検索したかが分かります。顧客レコードのキャンペーンデータを確認し、それに応じてセールストークを調整することができます。

オンラインでのコンバージョンとオフラインでの売上のギャップを埋める

広告代理店やGoogle AdWords運用会社の売上コンバージョン率がより明確になります。何週間ものフォローアップ後に、お客様との面談や電話で取引が成立した場合でも、CRMはコンバージョンデータを自動的にAdWordsの成果として関連付けます。データは常に最新状態に保たれるため、自動入札でも優れたパフォーマンスが得られます。

キャンペーンパフォーマンスデータを詳細に分析

広告のパフォーマンスに関する詳細な統計を使用すれば、最良のキャンペーンに投資することができます。AdWords分析とCRM収益データを統合し、どの広告とキーワードが最も費用対効果が高いかを判断します。