ドキュメント管理を制して、生産性をアップ

社内のさまざまなドキュメント資産を一限管理し、社内共有することで、業務効率をアップさせましょう。Zoho CRMには、集中管理できるドキュメントライブラリー機能が搭載されており、さらに提出履歴を顧客情報と紐付け、効率的に管理できます。

ドキュメントライブラリー

ドキュメントライブラリーとは、過去に提出した提案資料や請求書、契約書などの文書やプレゼンテーション、スプレッドシートなどを一元的に管理できるドキュメントストック機能です。Zoho CRMでは顧客とのやり取り履歴にドキュメントを残し、それをライブラリーに自動的に一元ストックするため、必要なドキュメントを探す手間が大幅にカットできます。

かんたん共有で効率アップ

Zoho CRMはドキュメント共有がかんたん!ドキュメント単位はもちろん、フォルダごとにアクセス権限の設定が行えるため、プロジェクトの進行もスムーズになります。 チームメンバーは最新データの確認でき、他のメンバーからのフィードバックも受けやすいため、ビジネスを加速させていくことにつながります。

商談とドキュメントを紐付け

たとえば一日に10分、ドキュメントを探す時間をかけていると、年間で40時間、勤務日数に換算すると丸5日消費したことになります。 Zoho CRMならお客さまに関連する最新ファイルを自動で表示されるため、ファイルを一から探す必要はもうありません

複数バージョン管理

Zoho CRMのドキュメント管理ではファイルのバージョン管理も可能です。 最新のファイルにいつでもアクセスできるため、ファイルを更新するたびにデータ送信、ダウンロードを繰り返す必要はもうありません。