実装する変更内容をコントロール

Zoho CRM のサンドボックスは、重要な業務データを保護すると同時に、 本稼働環境にどの変更を反映するかを詳細にコントロールすることができます。

  •  

    すべての変更とカスタマイズをテストできる

  •  

    リリース準備が整った変更だけを部分的に反映することで、バグの発生を防止できる

  •  

    バグや未認証のアクセスから、本稼働アカウントのデータを保護できる

  •  

    実装オプションを使用して、依存関係のチェックが実行できる

  •  

    外部の開発者を招待し、Zoho CRM アカウントで作業させることができる

CRM 管理者のメリット

サンドボックスには実装オプションが搭載されており、変更を実装する順序も指定できます。
変更された順に実装されるのを待つ必要はなく、重要度の高い変更を優先的に反映させることができます。

開発チームのメリット

開発メンバーを管理できるだけでなく、
リリース準備が整っていないコードと本稼働アカウントのデータを切り離すことができます。
開発チームに本稼働アカウントの設定やメタデータのコピーを提供することで、
社内の開発者と外部の開発者が共同で作業し、事前にバグを排除できるようになります。