Webアプリ開発 - 概要

Webアプリ開発 - 概要

Zoho CRMは、オンラインでビジネスを推進するためのプラットフォームを提供しますが、その手段は他にもたくさんあります。その中には、独自のモバイルアプリケーションやWebアプリケーションを構築するものもあります。これらを連携すると、Zoho CRMの機能が拡張されます。さらに、アプリケーションはユーザーや技術者によって作成されるため、使いやすいものになります。

Webアプリケーションは、インターネット上のアプリケーションを動的に拡張したものです。Zohoは、開発者がWebアプリケーションを作成するためのツールを提供しています。これで、アプリとCRMの連携性や利便性がさらに高まります。WebアプリケーションのUIコンポーネントは、HTMLとして作成され、ブラウザーで実行されます。このドキュメントでは、Zoho CRMとの連携用に設計されたカスタムWebアプリケーションの開発について説明します。ここでは、かんたんなWebアプリケーションを作成し、そのアプリケーションをローカルにホストするか、サーバーへデプロイして、ブラウザーで表示する方法について説明します。

メリット

  • 開発がかんたん。
  • 更新とメンテナンスがさらにかんたん。
  • ダウンロードが必要ありません。システムの準備が必要ありません。
  • どこからでもアプリにアクセスできます。

デメリット

  • ブラウザーのみで実行可能です。
  • オフラインでは操作できません。

対象者

  • 連携と拡張を設定するCRM管理者。
  • REST APIとCLIスキルを持つプログラマー。

この記事をシェアする : FacebookTwitter

必要な情報は見つかりましたか?

メールお問い合わせ窓口: support@zohocrm.com