Android用モバイルSDK開発

Android SDKの開発

Zoho CRMのモバイルSDKは、開発者がZoho CRMデータとやりとりするためのモバイルアプリケーションの構築を支援するフレームワークです。

現在、Zoho CRM用のモバイルアプリは、Zoho CRMのWebインターフェイスのモバイルインターフェイスとして機能してください。ただし、ビジネスニーズに応じて特定の目的のためにモバイルアプリが必要な場合は、その特定の機能のみを備えたアプリを使用したい場合もあります。たとえば、見込み客を承認するだけのチーム用アプリや、写真やクライアントのドキュメントをその場でアップロードする現場チーム用のアプリなどです。

SDKの機能

  • スキャフォールディング - Zoho CRMの依存関係の組み込みと基本プロジェクトの作成。
  • 認証 - ユーザーのサインインとサインアウト。
  • APIラッピングとバージョンアップグレード - メソッド呼び出しとしてラップされたAPIリクエスト。
  • データモデリング - CRMエンティティーの言語オブジェクトとしてのモデル化。
  • メタデータキャッシング - 不要なAPI呼び出しを回避するための重要なメタデータのキャッシュ。

モバイルSDKが上記の処理を実行するため、開発者はモバイルアプリのUIコンポーネントに集中できます。

システム要件

  1. Node Package Manager(npm)
  2. Android SDK
    • JAVA 7
  3. Android Studio
    • Gradle(2.2.3)
    • Android Plugin for Gradle

注:

  • サポートされているAndroid APIの一番古いバージョンAndroid 18(Jellybean 4.3)最新のバージョンAndroid 26(Oreo 8.0)です。

この記事をシェアする : FacebookTwitter

必要な情報は見つかりましたか?

メールお問い合わせ窓口: support@zohocrm.com