シンプルでわかりやすいデータ表示

業務の基本となり、いつも見るデータだからこそ、シンプルにわかりやすく表示したいですね。 事業部内には営業・マーケティング・サポートなどさまざまな部署があり、チーム毎に見るお客さま情報はことなります。 また、複数の商品を取り扱う企業の場合、社内で事業部を分け、それぞれの販売戦略に基づき活動していることも少なくありません。 Zoho CRMでは、部署ごとに表示する項目やお客さまを変えたり商談ステージやワークフローも個別に設定できるため、データを一元管理しながら、効率的に活動ができます。

「効率」と「確実さ」を追求

お客さまのニーズをヒアリングし、ひとつひとつ営業アプローチを調整している企業は多いです。手厚いサービスである一方、一人の営業担当者が活動できる限界がリミットとなってしまい、事業成長を停滞させてしまうことも少なくありません。お客さまのニーズにマッチした商品を効率的、かつ間違いなく提案できるしくみがZoho CRMのページレイアウトです。商談をお客さまのニーズごとに分類し、一括ではもちろん、特にホットなお客さまから優先的にアプローチすることで、一人ひとりの生産性を飛躍させます。

「時間の使い方が変わる」効率化

Zoho CRMのページレイアウトなら、レイアウト毎に表示項目をカスタマイズするだけでなく、ワークフロー設定も可能です。 「サービス更新の申し込みがあった場合、御礼メールや次回更新期限を案内する」など、さまざまなことを自動で処理できるため、諸作業にかかる工数を大幅に削減できます。

次の一手が見えるデータの見せ方

営業プロセスにあわせ必要な情報がわかりやすく表示されるしくみをつくることで、CRMデータをわかりやすいデータとして整理することができます。 わかりやすいデータであることは、分析のしやすさにもつながり、意思決定に役立ちます。

アクセス管理

レイアウトごとにアクセス権限を設定でき、セキュリティを維持しながら、必要な範囲でデータを共有できます。 アクセス権限は、事業の成長や人事異動など、変化に応じていつでも柔軟に権限を変更可能です。