ライブウェビナー

Zoho サービスを活用し、さまざまな企業の業務を改善する
エキスパートたちがオンラインのライブセミナーを提供します。

※ライブウェビナーとは?

ウェビナーとは、「ウェブ(Web)」 と 「セミナー(Seminar)」を組み合わせたもので、オンラインで会社やご自宅から気軽に参加できるセミナーのことです。ウェビナーでは録画された動画を配信するものもありますが、ライブウェビナーではリアルタイムに講義が実施されます。そのため、その場で質問をするなど、よりセミナーに近い形式で提供されます。

SNSの運用工数を下げて、効果を最大化する方法

顧客との距離の"近さ"は、良好な関係の構築に重要な影響を与えます。
ソーシャルメディアをはじめとしたコミュニケーションチャネルが急速に普及、一般化する昨今では、オンラインでの1対1でのコミュケーションによって顧客との距離を縮めるという営業スタイルがビジネスの場面で注目されています。
ソーシャルメディアを通じて、コストをかけずに「顧客とエンゲージする(獲得する)」ということも可能になる中、ソーシャルメディアマーケティングを始めたという方も多いのではないでしょうか。

ソーシャルメディアは便利な反面、「手間」や「情報の煩雑化」といった不便さがビジネスでの利用においては課題として浮上します。

SNS は投稿に手間がかかります。また、個々のお客様とのやりとりは流れてしまいがちであるため、なかなか営業への利用が困難です。

そこで、この動画では「潜在顧客」の獲得から「顧客化」まで、一本化した管理ツールとして、Zoho CRM Plus に含まれるソーシャルメディア管理ツール「Zoho Social」を利用して、こうした課題を解決する方法をご紹介します。

<主な内容>

  • ソーシャルメディアのファンを「個」客化する方法
  • ソーシャルメディア管理ツールと顧客管理ツールをつなげたエンゲージメント手法
  • 手間を省いて売り上げを伸ばす! WebサイトX Zoho CRM Plus を活用した受発注業務の自動化事例

など。

まだソーシャルメディアマーケティング/セールスを始めていない方にとっても、ぜひお役立ていただける内容をご案内いたします。

このような方におすすめ

以下の課題を抱えている方におすすめの内容です。

  •  

    SNS を始めたはがいいが、各管理画面にログインして対応している

  •  

    SNS を顧客からの問い合わせ対応に利用しているが、見込み客(潜在顧客)として管理し、顧客単位でのやりとり履歴を残したい

  •  

    無料のソーシャルメディア管理ツール(HootSuite など)を利用してエゴサ(エゴサーチの略。検索などを利用して自社に対する評価・評判をリサーチすること。)、顧客とのやりとり管理を行っているが、情報の管理が難しくなってきた

  •  

    SNSウケする商品・サービスを扱っており、まずは小さく始めてみたい

  •  

    インバウンドマーケティングで収集したやりとりをフォローフェーズまでつなげてみたい。

草間 千恵 | 株式会社デジタル・クリエイティブ・ネット

About 草間 千恵

明治大学会計専門職大学院卒。 連結会計ソフトベンダーに勤める傍ら、事業立上に関与。
ECベンダーでのPJリーダー・サポート、物販会社の運営を通して現在はシステムと実務をつなげる バックオフィス周りのシステム導入・構築・運用のアドバイザリーを担当。Zoho、RPA、会計システムの導入専門。

見込み段階から会計数値確定までのフロント業務からエンド業務まで一貫したITツールのシステム選定・導入、社内向け運用教育をご案内。

  • 2020年9月29日(火)