ウィジェットの構築

ウィジェットを使用し、カスタムのアプリケーションや外部サービスをZoho CRMアカウントに組み込みましょう。Zoho CRMアカウント内の複数のサービスの情報を一括で操作すれば、前後関係が失われる心配がありません。

  • アプリを一元コントロール

    ウィジェットを使ってZoho CRMと他の組み込みアプリケーションのデータを同期できるだけでなく、Zoho CRMからアプリを操作し、アプリにアカウントのデータをリアルタイムで操作させることも可能です。

  • Zoho CRMにアプリを集約

    Zoho CRMのインターフェイスに、他のアプリをシームレスに組み込むことが可能です。Zoho CRMのデフォルトのレイアウトに溶け込み、スムーズなユーザー経験を生み出します。またウィジェットをカスタマイズしたりデザインし直したりする必要がある場合には、Zoho CRMのUIからすべてコントロールできます。

  • 1つのインターフェイスと1つのパスワード

    ウィジェットは、シングルサインオンに対応しています。Zoho CRMの認証情報を使用して他のアプリケーションに自動的にサインインできます。よって、複数のサービスを使用する際に複数のパスワードを入力する必要がありません。

  • タブを切り替える必要なし

    複数サービスからの情報が同期されるため、各サービスのタブにそれぞれアクセスする必要はありません。貴社の組織で必要な機能をすべてZoho CRMでカバーできるよう、組み込みアプリの既存の機能の上に新たに機能を追加することも可能です。

Widget SDKでアプリ開発

Widget SDKを使用すれば、あらゆるZoho CRMのREST APIに対応した強力なJavaScriptラッパーで、貴社のチームの開発時間と開発サイクルを大幅に削減できます。 

文書はこちら