欲しいWebアプリが自分で作れる

Zoho CRMは、社内のさまざまなニーズに柔軟に対応する、CRMLite(ライト)アプリをCatalyst(カタリスト) Web SDKにより開発できます。 豊富なテンプレートライブラリーをご用意しており、構築もお好みの言語をご利用いただけます。

便利なLite(ライト)アプリを作りましょう

  • 役職別アプリ

    すべてのユーザーが、CRMの全機能を使用する必要はありません。営業事務など特定の役職の方向けにZoho CRMと連携するカスタムWebアプリを構築しましょう。

  • プロセスをシンプル化

    CRMの中で必要な機能のみに限定したLiteアプリ構築し、各メンバーの活動プロセスを単純化しましょう。

  • データの精度を向上

    ユーザーが特定の処理やタスクの更新などを行うと、関連するタブへデータが自動的に記録されるよう設定することで、精度の高いデータベースを維持することが可能となります。

  • 経費を削減

    Liteアプリを作成し、そこで業務を完結できる環境を構築できれば、一部の機能のみあれば良い特定ユーザーのライセンスを購入する必要性はありません。

アプリをかんたんに構築・リリース

  • Web SDK

    開発者は、カスタムアプリのUI構成の構築に集中し、スキャフォールディング(scaffolding)、認証、APIラッピング、バージョンアップ、データモデリングなどの技術プロセスは、ZohoのWeb SDKにお任せください。

  • 開発者向けヘルプガイド

    開発者向けのヘルプガイドやリソースを揃えています。また、お困りの際はZohoサポート・技術チームへお問い合わせいただけます。