CRMとやり取りするカスタムWebアプリの構築

Catalyst Web SDKを使用し、組織内のさまざまな役割のユーザー用のLiteアプリを開発しましょう。Zohoの豊富なクライアントライブラリを活用し、好みの言語でコードを書くことができます。

Liteアプリの作成

  • 役割別のアプリ

    すべてのユーザーがCRMの全機能を使用する必要はありません。特定の役割向けにデザインされた、Zoho CRMと連携するWebアプリを構築しましょう。

  • ビジネスプロセスをシンプルに

    Liteアプリを構築し複雑なビジネスプロセスを簡易化しましょう。各スタッフが必要とする機能のみに限定し、プロセスをシンプルにします。異なるユーザーに適応させるために、中枢のCRMを毎回解体する必要はありません。

  • 正確な洞察を得る

    Liteアプリは、組織全体にわたって純粋なデータを集めます。ユーザーが特定の処理やタスクの更新などを行うと、異なるモジュールに関連するデータが累積され、データの取りこぼしが発生しません。これは精度の高いレポートを生成するために役立ちます。

  • 経費の削減

    成長し続ける大規模組織は、Liteアプリを構築することでCRMの負担を減らすことができます。完全なアクセスを必要とするユーザーにのみライセンスを購入し、その他のユーザーはLiteアプリを使用できます。

Liteアプリの構築と配布はかんたん 

  • パワフルなSDK 

    ZohoのWeb SDKは、スキャフォールディング(scaffolding)、認証、APIラッピング、バージョンのアップグレード、データモデリングなどの技術的側面を処理します。開発者は、ニーズに合ったカスタムアプリのUIコンポーネント開発に集中できます。

  • 開発者向けリソース

    開発者向けのヘルプガイドやその他のリソースを取り揃えています。また、お困りの際は当社のエンジニアチームまでお問い合わせください。一緒にビジネスに合ったソリューションを考案させていただきます。