ルーチンワークを自動化

業務の自動化ができれば、効率化され、組織の生産性を飛躍的に向上できます。 Zoho CRMは、ワークフローを設定するだけで、企業戦略に基づいた営業フローを自動でかんたんに進られるようになります。 お客さまに適切な担当者を自動で割り当てたり、CRM内の情報を更新した際にメールで自動通知するなど、より少ないオペレーションコストとスピードでビジネスを拡大できます。

1つのルールで、複数の条件を処理

ご挨拶目メールを送付し、営業コールのフォローアップを開始するなど、営業・マーケティング担当者は毎日多くのタスクを管理し、処理しなければなりません。
Zoho CRMのワークフロー機能は、あらかじめ指定した条件に該当すると、自動的に業務を処理したり、タスクを発行することが可能です。
1つのルールに対し、最大10件までルールを設定できるため、業務フローをわかりやすく管理できます。

multipleworkflow

営業フォローの自動化

リードを商談化するために必要なアプローチアクションを自動で実行しましょう。
Zoho CRMのワークフロー機能を活用すると、メールアドレスや会社名などの情報がCRMに登録されると、自動的にご挨拶メールを送信し、3日後に商品・サービスのご紹介メールを送るなど、フォローアップメールの配信スケジュールを設定することも可能です。

AI(人口知能)機能「Zia」

Zoho CRMには、AI(人口知能)「Zia(ジア)」が搭載されており、ユーザーの日々の活動履歴から、最適なワークフロー設定を提示し、それを簡単に適用することが可能です。

Put the right leads in the right hands.

リスティング広告などから獲得した見込み客リストのインポートやWebフォーム、展示会などさまざまな所から獲得した見込み客に対し、それぞれにあったナーチャリングを行っていかなければなりません。また、お客さまひとりひとりにあった営業担当者のアサインも必要です。Zoho CRMは見込み客が登録されると営業チームのもっとも適任者が自動でアサインされ、より良いアプローチを実現できます。

right leads in the right hands

マクロの活用

Zoho CRMは、ルーチンワークを効率化するマクロの提案も行います。マクロを使用すると、ワンクリックでメールの送信やレコードの更新、タスクの作成などが処理できるようになります。作成されたマクロは共有し、チーム全体で業務を効率化できます。

スムーズな承認プロセス

見積書の値引きに営業マネージャーやリーダーの承認が必要といった手間がかかっていませんか?Zoho CRMなら、承認申請のメール作成から受理までの流れを自動で処理。上司のフィードバックに基づき、申請の変更もかんたんにできます。

Webhook機能

Zoho CRMは、Webhook機能を搭載しています。これにより、受注した際に自動的に顧客情報を請求システムに自動で送信するなど、テキストの入力作業を軽減させることが可能です。

機能拡張:カスタム機能

営業担当者はフォローアップの家庭で顧客のさまざまな情報へアクセスする必要がありますが、複数のサービスを使用していると情報が混在し、確認する手間がかかります。Zoho CRMのカスタム機能を使用すると、カスタム関数を作成し、他サービスの情報をZoho CRMで表示できるようになります。また、このカスタム機能を活用すると、郵便番号が入力されると自動的に住所が入力されたり、顧客の売り上げ累計を計算し、表示させることも可能です。