ビジネスのあらゆる側面をカバーする高度なレポート

複数のアプリを使用してデータを保存する場合には、それらのアプリが互いにコミュニケーションできることが重要です。コミュニケーションできない場合には、データが各場所に閉じ込められ、ビジネスの全体像を見ることができなくなります。Zoho Analyticsの高度CRMレポートを使用すれば、データを連携でき、ビジネスについてより深い洞察を得ることができます。

連携データでより良い洞察

Zoho Analyticsを使用すると、データベース、ファイル、外部ビジネスアプリケーション、複数のZohoアプリから情報を取り出すことができます。レポートをCRMにつなげれば、部門間分析を実行でき、ビジネスに対する理解を深めることができます。マーケティングキャンペーン統計と売上レポートを比較し、どのお客様が最も重要か、どのリードにより注意を注ぐべきかなどを判断できます。

広範な計算を実行

高度CRMレポートの、事前に構築されている計算関数や統計関数は、重要なパフォーマンス指標を確認するために役立ちます。また、特定のレポートのニーズに合わせて自分で式を定義することもできます。

パーソナライズされたレポートとダッシュボード

チャート、ピボットテーブル、タブビューコンポーネントを使用してレポートを作成しましょう。画像、書式化されたテキスト、KPIウィジェット、その他のWebコンポーネントを柔軟なレイアウトにドラッグ&ドロップできます。複数のレポートを組み合わせたり、ダッシュボードをカスタマイズしたりすることもできます。

Personalized-Reports

データを掘り下げる

ただマウスを移動させるだけで、レポートに詳細を表示できます。1つのデータポイントをクリックすると、包括的なスプレッドシートのレイアウトでさらに詳細が表示されます。

Drill-down-data

レポートを共有し、情報に基づいて決断

レポートを、さまざまな権限レベルの個人やグループと共有しましょう。営業担当者には自身のパフォーマンス表を見せ、営業責任者にはテリトリ全体のデータを見せることができます。またイントラネットの静的なレポートや、インタラクティブなライブレポートを埋め込むこともできます。データに変更があると、その変更は作成されたレポートに反映されます。