取引先管理をかんたんに

Zoho CRMには、CRM内で取引先情報を管理するための広範なツールが揃っています。取引先管理では、組織の連絡先、商談、タスクの全体像を1か所で確認できるため、営業担当者はより多くの商談を受注することができます。

全体像をつかむ

最新の顧客の活動、関連付けられた連絡先、進行中の商談、進行中のプロジェクトなど、すべての情報を1か所で表示できます。取引先全体を把握できるため、ビジネスに変化があっても、コラボレーションが容易です。

同じ組織内の各部署のニーズに対応

大きな組織には、複数のオフィスと多くの部門があります。個人や部門のそれぞれに気を配るには、それぞれを、同じ親取引先の下の個別の取引先として扱うとかんたんです。このようにすると、決定権を持つ人との日々の対話を合理的に管理できます。

プロジェクトの進捗状況を知る

マイルストーンを設定し、プロジェクトの進捗状況を監視します。また、プロジェクトのステータスをチームに確認しなくても状況を把握できるため、さまざまなタスクについてお客さまに積極的に最新状況を伝えることができます。

支払いを受け取るまでしっかりチェック

見ることにより、理解し、確認できます。だからこそ、お客さまから支払いを受け取り、その記録が帳簿に記録されるまでお客さまにフォローアップすることが重要なのです。Zoho CRMを使用して受注書を作成し、取引先内の支払い詳細を確認しましょう。

詳細

レポートで高価値の取引先と商談を判断

広範なレポートを使用してすばやく優先事項を判断し、重要なお客さまのタスクをタイミング良く完了させましょう。レポートはどの取引先の価値が最も高いかを判断するためにも役立つため、それらの取引先に最良のチームメンバーを割り当てることができます。

詳細はこちら