すべての顧客情報を集約

Zoho CRMは、連絡先や取引先、商談などすべての情報を一元管理。複数の異なる営業パイプラインで進行する部署があっても、表示レイアウトを部署ごとに切り替えることでストレスなくデータを管理できます。

全体像をチェック

Zoho CRMは、関連する連絡先、保留中の商談、進行中のプロジェクトなど、すべての情報をリアルタイムに一元表示します。社内でのデータ共有もスムーズにできるため、スピーディーなチームコラボレーションが実現できます。

各部署のニーズに柔軟対応

活動内容が大きく異なる部署同士で同じCRMを使用することは不便ですが、異なるCRMアカウントで管理しては組織全体の売り上げなどが見えず、CRMデータ同士を組み合わせる手間などが発生します。Zoho CRMは、部署ごとにCRMのレイアウト表示を分けて設定することで担当者に使いやすく、管理職・経営者が経営評価をしやすい環境を整えます。

プロジェクトの進捗状況をチェック

マイルストーン(プロジェクトの各工程の完了期限)を設定し、プロジェクトの進捗状況を監視します。ステータスをチームに確認することなく遅滞状況などが把握できるため、安心してプロジェクトを管理でき、またリソースのコントロールがスムーズに行えます。

見積・受注・請求をミスなく管理

Zoho CRMは見積・受注・請求書を顧客データに紐付けて一元管理します。CRMで見積書を作成し、記載データを元に受注・請求書に変換し作成することも可能です。

詳細

売上の傾向を把握

Zoho CRMは、顧客別の累計売上高やその他さまざまな角度で顧客の重要度を分析できます。営業マネージャーはこうしたデータを元に適任の営業担当者をアサイン(割り当て)したり、営業アプローチの戦略を検討する際などに役立てられます。

詳細