Zoho Creatorで
できること

Zoho Creatorでできること

Zoho Creatorにより、用途に合わせてアプリケーションを自力で構築でき、コーディングはほぼ不要です。用意された各種アプリケーションテンプレートから1つ選んですぐに使用できます。既存のデータベースがあれば、Zohoの移行ツールを使ってデータを瞬時にアップロード可能です。

教育管理業務アプリが必要な理由

教育管理担当者は世界のどこでも、業務管理や学生への優れた学習体験の提供など、重要な活動に日々追われていますが、いまや、アプリによって授業料の徴収、新入生の登録、出欠の管理などのタスクを自動化し、労働負荷を軽減して労働時間を短縮できるようになりました。そうした自動化アプリには、学校や大学でのさまざまな業務をデジタル化して管理するための独自機能の数々が備わっています。

Zoho Creatorを利用している大手教育機関

その他のお客さま
Zoho Creatorでできること

お客さまが構築している教育管理業務アプリケーションの用途

  • 会計ソフトウェア
  • 授業スケジュール
  • 授業料の支払い
  • コース管理
  • 出欠管理
  • 課題管理
  • イベント管理
教育機関による教育管理業務アプリケーションの構築
  • メールマガジンの送信
  • 入学申請
  • 図書館管理
  • 学生情報
  • SMS利用
  • 教職員情報
  • 手作業の自動化

管理業務

書類やフォルダーの管理をカスタマイズしたアプリケーションに任せて、すべてクラウド上で保管できます。データの散逸を防ぐことができ、どこからでもすぐにレコードを取り出せます。一元化されたアプリで組織全体を管理すれば、時間と労力を節約でき、ストレス軽減にもつながります。

管理
Zoho Creatorの基本機能のご紹介:
  • 学生と教職員に関する情報の保管
  • コース管理
  • 日程調整 
  • 新入生の登録
  • イベントの企画
  • 授業料の徴収

学部

年齢や学習到達度の異なる学生の管理が、かんたんになりました。教員は、さまざまなクラスの管理作業に頭を悩ますことなく、複数の仕事を同時にこなせます。グラフやレポートの作成もかんたんで、学生の成績を瞬時に分析できます。

管理
教育管理業務アプリで効率化できるさまざまな業務:
  • 課題の指定
  • 試験の採点
  • 時間割の作成 
  • 保護者面談の日程調整
  • 成績の把握

学生

今日の学生は、生活のほとんどの側面がデジタル化され、最新技術を最大限に駆使しています。教育もデジタル化によって効率化され、より興味を引くものになるのは当然の流れです。

管理
学生がコンピューターや携帯電話でできること:
  • 課題の提出
  • 課題提出のリマインダー受信
  • 学習予定表の作成 
  • 採点結果の受信 
  • 教員からのフィードバック受信

保護者

保護者にとって、学業の把握が大変なのはもちろんのこと、日々のスケジュール把握はさらに困難です。子どもの成績をアプリで把握できれば、どれほど助かることでしょう。保護者は個別にサインインして学校での子どもの様子をモニタリングし、状態を把握できます。 

管理
保護者に役立つさまざまな用途:
  • オンラインでの授業料支払い
  • 学習到達度の確認
  • レポートやグラフを利用した学習到達度の比較
  • 課題に関する通知の受信 
  • 休講や出欠に関する情報の入手

すぐに役立つ、教育機関の管理に必須のアプリ