訴訟管理 

法律事務所の事例管理システムを効率化

Zohoの直感的で使いやすいアプリを使用すれば、エンドツーエンドで事例の流れをモニタリングし、クライアント情報の管理や法的文書の保存を行い、弁護士によるデータ主導の意志決定を補助することで、説明責任を果たしつつ法律事務所の業務を管理できます。月次取扱件数についての実行可能な洞察を得ることで、事務所の事業目標を確実に達成します。

Try this Appアプリにアクセスアプリにアクセス

事例管理を改善して生産性アップ

  • ケースフローに関する洞察をリアルタイムに取得

    法律事務所の現在の事例を完全に可視化することで、各事例の状況を正確に把握できます。事例の詳細な履歴と進捗レポートを参考にして、ケースフローを追うことができます。公判の日程重複を事前に特定できます。

  • 事例関連ドキュメントを素早く保存&再取得

    各事例に関連する全ドキュメントを1か所にアップロードすると、いつでもアクセス、再取得できるようになります。事例、クライアント、裁判所、紛争の種類に応じて分類し、整理できます。検索機能を使用して、必要な情報を迅速に見つけることができます。

  • タスク委任の簡素化

    カレンダー項目とタスクを作成してチームのToDoリストを作成し、ケースフローに適合するようタスクのライフサイクルを設定できます。優先度、期限、リソースなどを管理して、事例のマイルストーンを達成しましょう。標準化された業務を自動化し、重要な訴訟期日を忘れないようにします。また、訴訟に関する更新情報をすべて通知できます。

  • クライアント管理の最適化

    クライアントと識別データを無制限に追加できます。クライアント、対立クライアント、参考人の3種類に分類し、情報を体系的に整理できます。各訴訟と該当するクライアントとを正確に照合します。

  • 予定管理と請求書送付の簡素化

    事例をリアルタイムで割り当てられるように、法律事務所の弁護士、法定代理人、その他のスタッフを管理できます。法定代理人の詳細を事例の記録と関連付けることで、特定と関連付けを迅速に行えます。弁護士の請求対象時間と支払詳細を管理し、請求書の作成を効率的に進めて収益アップを促進します。法定代理人が業務量を把握できるよう、訴訟提起日と対応する裁判所や裁判長の情報を同期します。

  • 事務所の事例データを集約

    包括的ダッシュボードを使用することで、法律事務所の業務を俯瞰的に把握でき、死角を解消できます。勝訴事例と終了事例を毎月評価し、情報に基づきビジネスの見通しを立てます。集約したカレンダー上で事例の状況を管理できます。このカレンダーでは、特定の事例に関連する予約や予定の確認ができます。

これだけではありません

  • カスタマイズ

    Zoho Creatorのドラッグ&ドロップ式ワークフロービルダーとガイド付きスクリプト機能を使用すれば、かんたんに新しい機能やタブをアプリに追加できます。例えば、事例管理アプリを起動した後でも、新機能を追加したり、既存ワークフローを変更したりして、新しい予定や訴訟の通知を作成できます。

  • モバイル利用

    Zoho Creatorを基盤とする標準アプリケーションは、あらゆる端末やオペレーティングシステムですぐに使用でき、モバイル端末やデスクトップ上で訴訟事例を管理できます。貴重な時間を節約し、もっとも重要なこと - つまりクライアントに集中できます。

  • 連携

    CRM、給与、その他の外部サービスソフトウェアをはじめとする組織の既存システムと、事例管理アプリを連携することで、必要な情報へ円滑にアクセスできます。

インストールして自分好みにカスタマイズ

Try this Appアプリにアクセスアプリにアクセス