建設管理

新世代の建設管理ソフトウェアと同等の機能で、複数の建設プロジェクトを管理

質の高いプロジェクトを予算の範囲内で予定どおりに顧客に引き渡し、利害関係者にも利益をもたらすのは、決してかんたんなことではありません。この建設スケジューリング・管理アプリを使用すれば、建設プロジェクトの各段階に難なく対処できます。そして何といっても、100%カスタマイズが可能です。

このアプリをお試しくださいアプリにアクセスアプリにアクセス
See how the app works

オンライン建設管理ソフトウェアで作業をリアルタイム管理

  • ドキュメントの置き忘れや紛失の心配も無用

    大切なドキュメントをさまざまな従業員のハードドライブに分散させることなく、このアプリですべて管理できます。プロジェクトタグやカテゴリー、メタデータでドキュメントにマークを付けておけば、整理も検索も取得もかんたん。今後の使用時に役立ちます。 

  • RFIの回答を手際よく入手

    RFI(情報提供依頼書)を予定どおり送受信することで、プロジェクトをスムーズに進められます。RFIの依頼やメール対応もかんたん。提出期限を知らせるリマインダーメールを関係者全員に送信するよう条件も設定できます。数回のクリックですべてが完了します。

  • チームタスクを順調に進める

    タスクを割り当て、優先度と期限を設定し、次回のタスクや保留中のタスクについて従業員に自動通知できます。タスクをステータスごと(完了、進行中、重要など)に並べ替え、プロジェクトごとに個々の作業の進捗状況を把握できます。 

  • パンチリストを効率的にクリア

    適切なプロセスが整っていないと、パンチリストの管理は悪夢に終わる可能性があります。この建設管理ソフトウェアのモバイルバージョンを使用すれば、現場で直接パンチリストを作成し、その項目を作業者に割り当てることができます。パンチリストの各項目の進捗状況をステータスごと(期限切れ、作業中、完了など)に管理し、迅速にクリアできます。

  • 発注も予定どおり

    下請業者から新たな資材要求が入ると同時にこれを把握し、できるだけ迅速に処理できます。統合されたクラウドベースの建設管理アプリケーションを通じて、発注書の記録や請求書のアップロード、収益の管理を行えます。

  • 重要な情報を確実に把握

    ポートフォリオレベルのダッシュボードにより、すべてのプロジェクトの概要を把握できます。パンチリスト、実行済みタスク、RFI、資材要求など、プロジェクトのKPIのステータスを迅速に確認。組み込みの強力な視覚化ツールにより、プロジェクトに関する重要な洞察も確実に獲得できます。

建設管理ソフトウェアにとどまらないデジタル化プラットフォーム

  • いつでも、どこからでも作業可能

    Zoho Creatorで構築したアプリケーションは、どんな端末やプラットフォームでも使用できます。モバイルアプリを使用して、作業ステータスの更新や新たな資材の要求、作業現場の画像のアップロード、発注などを現場でも行えます。 

  • 既存システムとかんたんに連携

    建設管理アプリを組織内の既存のソフトウェアシステムに接続できます。QuickBooksやXeroなど既存の会計システムと連携させ、経費と予算との自動照合や請求書の自動送信のほか、給与処理の合理化を進めることができます。

  • ニーズに合わせてアプリをカスタマイズ

    Zoho Creatorのドラッグ&ドロップ式ワークフロービルダーなら、新たな機能の追加も既存のワークフローの調整もかんたんです。例えば、このアプリにタイムシートタブを追加すれば、複数のプロジェクトの時間記録を一元管理できます。

インストールして、自分好みの建設ソフトウェアにカスタマイズ

このアプリをお試しくださいアプリにアクセスアプリにアクセス