すべてのメールと連絡先を一元管理

Microsoft Outlook.comアカウントとZoho ContactManagerを連携させて、連絡先をより的確に管理し、チームの生産性を強化できます。

無料登録はこちらから

Outlook.comからの連絡先をインポートし、同期

連携が完了すると、Outlook.comアカウント内のすべての連絡先とそれらのメモがZoho ContactManagerにインポートされます。これらの情報は同期されるため、ContactManagerとOutlook.com/Office 365のどちらかで新しい連絡先を作成すると、もう一方がリアルタイムに更新されます。

顧客とやり取りしたメールを手間なく追跡

少し前に受信したメールを探すために延々とスクロールするのはうんざりする作業です。Outlook連携では、Outlook.comからZoho ContactManagerに連絡先をインポートし、各連絡先とそれぞれのメールをマッピングします。Zoho ContactManagerで連絡先の記録を調べるには、[メール]サブタブへ移動します。その連絡とやり取りしたすべてのメールがここに表示されます。

さらには、新規メールを受信したら連絡先に変換するようにZoho ContactManagerの受信トレイを設定することも可能です。「メール」モジュールはあなたの新しい受信トレイになります。すべてのOutlook.comメールが表示されるため、都合の良いときに詳しく調べることができます。

Office 365ユーザーをインポートしてコラボレーションを効率化し、データセキュリティを改善

Office 365のチーム全員をZoho ContactManagerにユーザーとして追加できるため、コラボレーションがより容易になります。連携によって、ユーザーの役割に基づいて特定のデータへのアクセスを防ぐこともできます。

OneDriveファイルをメモやメールに添付

OneDriveに重要なファイルや請求書を保存していますか?その場合、それらのファイルをチームメンバーへのメモに添付したり、CloudPickerを使用して顧客にメール送信したりすることができます。Microsoft OneDriveを含む複数のクラウドストレージソリューションにアクセスし、コンピュータからのアップロードを待つことなく、選択したファイルを添付できます。

小規模ビジネスを成長させる決定版ツールを試す