ビジネスの連絡先とメールキャンペーンを連携

Zoho ContactManagerをMailChimpと連携させることで、連絡先に興味を持ってもらえるメールキャンペーンを作成できます。キャンペーンを送信したり連絡先リストを同期したりするためにタブを切り替える必要はありません。

シームレスに同期される統一された連絡先リスト

連絡先の再入力や手間のかかる連絡先のエクスポートは不要です。MailChimpから既存の購読登録者リストをインポートして、それらにタグを付けて分類し、整理するだけです。購読登録者リストが両アプリケーションで自動的に更新されるため、連絡先の重複、古くなった購読登録者リスト、手間のかかるキャンペーンなどは過去のこととなりました。

複雑さのないキャンペーン

キャンペーンを送信する準備が整ったら、あとは妨げとなるものは何もありません。MailChimpとの連携に何か特別な作業は不要です。通常のメール送信と同じくらいかんたんに、ContactManagerでメールキャンペーンを送信できます。展示会からお帰りですか?入手した連絡先をContactManagerに追加して、専用リストとしてタグ付けしましょう。キャンペーンの原稿を作成し、テンプレートとテーマに従ってそれを配置すれば、すぐさまリードの準備が整います。

コラボレーションによりタスクを効率化

ContactManagerでメールキャンペーンの下書きにアイデアを書き留め、タスクとしてチームメンバーに割り当てて、実施の期限をスケジュールしましょう。コメントによってコラボレーションし、作業の進捗状況をモニタリングして、必要な場合はチームメイトを増員します。チームが異なる場所に分散している場合でも、生産性を損なうことはありません。

競争他社の間での位置付けを確認

業界の平均的なキャンペーン指標が用意されているため、購読登録者の平均的なアクティビティを業界標準と比較できます。また、すべての中の最大の競争相手、おそらく自分自身と成功の度合いを比較できます。クリック率、開封率、ユニーククリックなどの指標を使用して、キャンペーン送信後の効果を追跡できます。

リードについて個別情報を確認し、より的確に把握

すべてのリードが同じではありません。MailChimpランキングが表示されるので、リードのニーズを的確に把握できます。このランキングでは、キャンペーンに対してリードが示した関心に基づいて、リードを5段階(五つ星)に分けています。有望な見込み客と熱心なファンを特定して彼らに報いましょう。過去のキャンペーンに対する顧客のアクションを確認して個別のメールリストに追加し、パーソナライズされた提案と特典を送信することで、満足度を維持することができます。

雑多な情報からターゲットを切り分ける

関連性の高いキャンペーンをすれば、良い結果につながります。Zoho ContactManagerの高度な検索機能を使用すれば、連絡先を年齢、居住地、性別などの選択した人口統計に従って分類できます。ターゲットにしたいオーディエンスを特定したら、連絡先を既存のMailChimpリストまたはZoho ContactManager内の自分専用のリストに直接追加して、的を絞ったキャンペーンを送信できます。