ContactManagerをお気に入りのアプリと接続

お気に入りのアプリをZoho ContactManagerと連携し、それらの専門機能を活かしてビジネスを補完・拡張・改善できます。メールキャンペーンの送信、複数アプリ間での連絡先の同期、ソーシャルメディア上の連絡先へのアクセス。すべてを1か所から実行できます。

  • ContactManager内で連絡先のインポートと同期、メールの作成、送信、受信メールの追跡を行えます。メールをタスクに変換し、それらをチームに割り当てて、コラボレーションが可能です。

    詳細

  • Zoho ContactManagerとG Suiteを連携させれば、2つのプラットフォームの連絡先、ユーザー、タスクをすべて管理する手間を省くことができます。

    詳細

  • ContactManagerでメールキャンペーンの送信や管理が可能です。連絡先をリストに分けて、MailChimpと常に同期させることができます。

    詳細

  • Outlook.comから連絡先をインポートし、双方向的に同期。さらに、ContactManagerを介してメールにアクセスして返信したり、複数のコラボレーション機能を使用して商談の最新情報を把握したりすることができます。

    詳細

  • 連絡先としてコメント、メッセージ、ウォールへの投稿を介して自社のFacebookページとやり取りした連絡先をインポートできます。ページから投稿したり、他の連絡先による投稿を追跡したり、Facebookプロフィールを自身の連絡先にマッピングすることが可能です。

    詳細

  • ツイート、返信、@メンション、ダイレクトメッセージ、キーワードからZoho ContactManagerに連絡先を追加できます。この連携によって、顧客のツイートに返信する、キーワードをフォローする、Twitterハンドルを管理するといった作業が可能になります。

    詳細

  • iPhoneやAndroidモバイルのカメラを使用して名刺をスキャンし、ContactManagerに連絡先としてインポートしましょう。

    詳細

     

     

  • Dropbox、Google Drive、Evernoteなどの一般的なクラウドストレージからZoho ContactManagerにファイルをインポートし、チームで共有できます。

    詳細